« April 2010 | Main

July 12, 2010

季節も気温もわからない

季節は初夏から夏へと移っていくが母の感覚は冬らしい。

6月半ば過ぎに通院の為に迎えに行くと、
母のいでたちはスリップの上に半袖シャツ2枚、長袖Tシャツ、ウールのカーディガンに冬物のズボン。
「ママ、もう初夏なのよ、着替えて病院に行きましょう」と言うと 「そうなの?」
半袖ワンピースのアンサンブルに着替えて出かけたが寒いとは言わない。

7月初めに行くと
ヒートテックの長袖シャツ、その上にウールのセーター、冬物のズボン。
「ママ、7月だから夏なの。その格好は冬でしょう」
届けに行った夏物衣類を持ったまま叫んでしまう。

「だって、エアコン(設定温度28度)が入っていて寒いのよ、そんな格好で冷えない?」

他の入居者の方は半袖や7分袖のTシャツなんだけれど本人が寒いのなら仕方がない。
夜もキルティングの暖かいパジャマに毛布、羽毛布団。

ホームの人も
「季節のお召し物をお勧めするんですが、すみません」と言う。

空調の効いた部屋に住み、通院と私が連れ出す以外外に出ず
季節を感じる事もない。
長谷川式で季節が答えられなくても仕方がないじゃないの。

痴呆症患者を安全に生活させていただいているが、
刺激も感動も殆どない日々は辛いものではないか。
寒さや暑さを体感していないと鈍感になるのかもしれないし、
それとも病気の進行とみるのが順当なのかなァ。

母の言動で傷つく人がいるからと
この1年間外出イベントは1回も参加させていただけなかった。
この事も集団生活だからと思いつつも涙が出るほど悲しいし、
夜に考え始めると興奮して眠れない。

私に代わって看ていただける現実に感謝しつつも
どうにもやりきれない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main