« 通院 | Main | どうもいけない »

July 25, 2009

再びクリニックへ

アリセプトを貰いに出かけてきた。

そして母の急な変化について聞いてみた。

Dr.の意見は薬の影響だった。
身体的な副作用、体が前傾するとか動きが緩慢になるとかは改善される。
しかし、それ以外はダメージを受けたのではないか?と言う。

私は今までそういう症例はあるのか、実際にそういう人を診ましたかとついしつこく聞いてしまった。

Dr.は薬を始めた時と重なるからそうじゃないかと言葉を濁す。

私も薬の投与は仕方がなかったと思いつつも眼に涙が滲んでしまった。
メガネをかけて行ったから判らなかったと思うけれど、治療に同意したのだから1人で泣くわけにはいかない。

セロクエルが使えないからリスパダール。
リスパダールが怖いことは漠然と知っていた。
でも同意したんだ。

家に帰ってから「リスパダール、副作用」で検索をかけたけれど
検索結果をクリックして読むことが出来ない。
動悸と吐き気がどうしようもない。
そうでなくても胸の中がはち切れそうで限界なので思わず「自分の医者も捜さなきゃ」と言ってしまい「先生は私まで診たくないでしょ」と慌てて付け加えた。
Dr.は曖昧に笑っていたけれど、お互いに診たくも診られたくもないものね。

薬の影響は使った日数と同じくらいの日数を抜いてみてから改めて考えようと今はそう思っている。

|

« 通院 | Main | どうもいけない »

Comments

アマリリスはやはり育てやすいのですね。
別のところでそう聞いたのですが、球根が高価で引いてしまい、前回はあきらめてしまいました。次は、予算を確保して取り入れてみたいものです。

実は、経過を拝読していて心が締め付けられるような思いがするのは、前に書いた事例の娘さんがmitsuさんと同じように苦しまれたのではないか、と思ったから。
その方は同居していた母親とご主人の関係に気を遣ってやむなく入所をするにあたり、かかっていた心療内科で安定剤を処方してもらっていたのです。(ショートを利用した際落ち着かなかったので、ホームに迷惑をかけるといけないから、と処方をお願いしたらしいのです)

あとで考えると、おそらくご本人は、身体に与える薬の不快感と、家族と離れ見知らぬ場所で見知らぬ人々と過ごす不安感で、どうしようもないうえにそれを伝えることも思うようにいかない苛立ちがあったのだろうと想像できました。

そして、心配で毎日のように顔を見に来る娘さんも、薬のことを悔やまれていたのだろうと思います。
そのとき、私を含めてスタッフは、安眠できず生活リズムが整わないご本人の状態の把握と対応に手一杯で、娘さんの気持ちには寄り添えてなかった、と改めて気付きました。
ありがとうございます。

mitsuさんには弱音を吐ける方がおられますか?
施設の方も心配されているようですし、スタッフの中で話しやすい人がおられたら、ご自分の体調やなにか、ざっくばらんにお話しできるようになると、気持ちが少し楽になるのかもしれないな…と思いました。
(余計なお世話を承知で)

精一杯やってらっしゃるご自分を、あまり責めないでいただけたら、ということをお伝えしたくて訪問した次第です。

こちらでは今日、雨の中一輪目のひまわりが開花したところです。

Posted by: ogojo | July 25, 2009 at 08:21 PM

mitsuさん始めまして
お母様ですが、リスパダールでパーキンソニズム(体の前傾・動作緩慢)が出ると言うことは、お母様はアルツハイマーでなくレビー小体型認知症の可能性があります。レビーにパーキンソニズムを起こさずに使用できる精神病薬はセロクエル以外ほとんどないようです。
薬の使用と、認知症の進行はあまり関係がないと思います。レビーの場合は短期間で急速に認知機能の低下を認める場合があります。アルツハイマーの進行は、アリセプトの効果があれば、それほど急に進行することは少ないです。
一応フェルガード100を飲んでおられるようなので、一日当たりの服用量を増やすことで、改善する方もおられます。アリセプトも多量に使用したほうが良い方と、少量の方が良い方と様々なようです。
お母様はどの方法が良いか的確なアドバイスが出来なくて申し訳ありません。少しでも参考になればと思い書き込みをさせていただきました。

Posted by: hokehoke | July 27, 2009 at 07:11 AM

ogojoさま、ありがとうございます。

住み替えを支障なく行うためにやった事ですが、思わぬ結果におののいております。
あんな非常時でなければもうちょっと薬の服用に慎重だったのですが、今の形で落ち着かせるためには仕方がなかったのです。
でも全てに無関心になってしまった母を見るのはつらいです。
Dr.の感覚では診察室の中で母の表情があまりなくなったな程度の変化でしょうが、デパートやレストランで楽しそうにしていた母の記憶が鮮明な私には涙が出ます。

>弱音を吐ける方がおられますか?
それがいなくて辛いのです。
もう嫌になっちゃったって話す相手がいればいいのでしょうがどうにもなりません。

でもblogをやっていることが救いになっております。
コメントいただいて本当に嬉しいです。

さてアマリリスですが、確かに1鉢千円前後で高価ですから母の分だけ買っています。
ネットだと少し時期が過ぎたころ安くなったり、もともと纏めてお安いお店もあります。

今年はパンジー・ビオラはいかがですか?
卵のパック利用で移植ではなく間引くやりかたなら出来そうですね。
種まき用の土を使えば今の種は発芽率が高くて丈夫で感激してます。

Posted by: mitsu | July 28, 2009 at 12:12 AM

hokehoke 先生。いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

母は幻視、幻聴はありませんし、ご家族がレビーの方のblogを読ませていただいても違うように思っていましたが、パーキソニズムに関しては納得です。
母は糖尿があるのでセロクエルが使えず、Dr.も仕方なくリスパダールを使いました。5月20日から0.5mg~1mgを7月初めまで服用しました。

>薬の使用と、認知症の進行はあまり関係がないと思います

とりあえず薬が抜けるであろう8月半ばまで待ってみて他の要因も考えたいと思います。
フェルガード100Mは今1日1回飲んでいますがこれも増やしてみたほうがいいですね。

Posted by: mitsu | July 28, 2009 at 01:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/45731861

Listed below are links to weblogs that reference 再びクリニックへ:

« 通院 | Main | どうもいけない »