« 経過 | Main | 母の様子 »

July 06, 2009

良い事ばかりではない

新しいホームに移り住んだ母は、転居したことよりも仲良しのKちゃんに逢えなくて泣いている。

あちらは病気が進行していてそうそうホームの外に出られないので
「もう一生逢えないわね」と言われると辛い。

そしてこの1週間母の身にもとんでもない変化が現れた。

Dr.が事故が無いようにと処方した薬の副作用が強く出始めたのだ。

食事も着替えも介助なしに出来なくなり
元気に歩き回り、不潔行為をする入居者を注意してまわっていた人が、動きも緩慢になり何も出来なくなった。

Dr.は土曜日から全ての薬を切り、ろくに食事をとれない母にエンシェアリキッドが出された。
「一回薬を切って様子をみて、又暴言が出るようだったらその時考えようよ」

う~~ん。
私のやったことは良かったのだろうか。
薬が抜けて元に戻るだろうか、心配でたまらない。

|

« 経過 | Main | 母の様子 »

Comments

はじめまして。恩師のブログから介護のカテゴリーへ入りました。九州の南端でグループホーム勤務をしております。

介護のご心配が施設の対応から増してしまったこと、心が痛いです。グループホームは規模が小さい分、ご家族との距離も近くなる場合も多く、あくまでも言動は慎重さを要しますが、ご家族にはできれば本音をお聞きできるようにしておきたいと思っています。

でも、やはり「あずけている」という後ろめたさか、なかなか本音は出されないのが通常です。ですから、「苦情」になる前に十分なコミュニケーションを取ることが大切だと、常々感じてきました。

その意味で、綴られている様々な思いが、介護職の私にとって大変参考に(共感と言いたいところですが、あえて失礼ながら)なります。

少々長くてお疲れになったら申し訳ありません。

私のホームで現在白寿を迎えて、日々ご自分のペースで過ごしていただいている方がおられます。
入所されて間もなく、暴行的な面が夜間に強く出て、夜勤者が1人であることから、安定剤の類を処方され、副作用で活気の失われた時期がありました。
娘さんが非常に薬に敏感になり、そのように薬で不自然な状態になることを回避したいという意向を強くもっておられました。
ホーム内、また娘さんとのカンファレンスを重ね、当時のケアマネ(準看の出身)の勇断と、スタッフ間の合意で少しずつ薬を減らす方向へ、主治医の内科と調整を図りました。
(精神科も受診しましたが、服薬の方法に助言を受けただけで済みました)
安定剤・眠剤を飲まないでも夜眠れるように、日中の過ごし方や家族との時間の持ち方も色々模索して、徐々に表情や歩き方、会話の成立、生活リズムに活気が出るようになり、今は下剤のみの服薬でマイペースに暮らしています。

精神的な症状かどうか、薬の選び方は専門の先生がいいという気がします。認知症では特に症状の判別がつきにくいですし。
それから、安定剤などは飲んだ期間だけ、抜くのにも時間がかかりますから、そこまで考える必要があることを
知らされました。

本当に長々とすみません。

ご自身とお母様がこころ穏やかに過ごせる日が、一日も早く訪れることを願っています。

最後に、パンジー・ビオラの育苗録も興味深く拝見しました。
園芸好きは、拙ブログで解られると思います。気分転換にご訪問いただければ幸いです。

Posted by: ogojo | July 20, 2009 at 12:40 AM

ogojoさん!いらっしゃいませ。

母の薬は大分抜けました。が、いろいろと別の問題も出てきて弱っています。
かかっているのは精神科の先生で、良く話を聞いてくださって相談しながら処方してくださいます。
薬は使いたくなかったのですが、介護の手が足りないということで仕方なく薬の力を借りました。
親に薬を飲ませながら、自分の時はどうされるのか心配になります。
何と言っても老後が近いので・・・

園芸療法をされているんですね。
母は何の趣味も無く、園芸なんて全然興味がありません。でも鉢植えになっているアマリリスは毎年2鉢買って蕾が出たころ持っていきます。
1週間に1回水をやるだけで大きな花が咲くので好評です。

Posted by: mitsu | July 22, 2009 at 12:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/45559427

Listed below are links to weblogs that reference 良い事ばかりではない:

« 経過 | Main | 母の様子 »