« 夜は辛い | Main | 予断と偏見 »

May 07, 2009

連休

医者も弁護士もお休みの連休後半の5日、6日は家にいた。

この事件が起こる前から続いている頭痛は治らないし、息子が朝早いので
起きていてもうっとりしてしまう。

しかし、いざベッドに入ると次々つまらない事を考え
眼を開けて闇を見つめることになる。

母のことを、ポジティブに考えられるときもあり、
住まいを移され、大好きな友達とも逢えなくなる母の悲しみを思うと
寝てなんかいられない。
精神面でどれだけのダメージがあるか心配でたまらない。

家で介護が出来なくて預けられている老人どうしが喧嘩をする。
だれも止めに入らなければ加害者と被害者が出ることになる。
スタッフは忙しくてみていられないと言う。

私は加害者の家族だから言ってはいけないかもしれないけれど、
これはホーム側の介護体制の不備が起こした事故だと思っている。
勿論、母は悪いけれど、初めからアルツハイマーで正常な判断は難しいのだ。

今回母と私は罪人の扱いを受けている。
ホームの担当者は事件だ、事件だ、こんなことは初めてだ。
早く出て行って欲しいと強力に言ってくる。
彼は精神科の医者に入院させてくれるように頼んで、
「その後どうするか考えているの?」と聞かれて黙ってしまった。
腐ったミカンを捨てたくてうずうずしているだけの
深く物を考えない組織は早晩駄目になるだろうね。

この事故(事件とは思わない)の後考えるべきは
事故を起こさないためにどうケアしていくか、
スタッフを増やせば防げたか?考える事は沢山あると思うけれど
入居者の家族も、組織も腐ったミカンを早くつまみ出すことのみに
熱中している。
その気持ちも解るし、スタッフもよくやってくれていたけれど
このやりかたは納得いかない。

わたしはこの期に及んでも、薬を多用してADLを下げることはしたくない。
母ではない誰だかわからないお婆さんにしてもらっても困る。

どこにも行き所はないかも知れない(無いだろう)。
だけど今日も病院に相談に行き、ホームの見学に出かける。
腐ったミカンの家族は傲慢なのだ。

|

« 夜は辛い | Main | 予断と偏見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/44929796

Listed below are links to weblogs that reference 連休:

« 夜は辛い | Main | 予断と偏見 »