« 呼び出しが来た | Main | 骨折のあと »

March 09, 2009

ずいぶん間があいてしまった

気落ちすることばかりあって、書く気も起きず放置していたが
やはり記録はしておかないとどんどん忘れる。

先ずサプリメント(フェルガード)を試したくてそれを使っているDr.の診察を受けに行った。
母はお出かけで嬉しいといいながら電車に乗っていたが、
新宿に着いたとき「今日のメインはなあに?」と聞いた。
「ママの体調がいまいちだから、診てもらおうと思って」と言うと
嫌だわ!といいつつ診察を受けてくれて、そのサプリメントを飲むことになった。
Dr.Bは母なりにバランスがとれているので、薬は使わない方がいいでしょうとの見立てだった。

私の行動を見てホーム側はどうしても薬、薬と騒ぎ自分達で病院に連れていった。
他の入居者の家族から苦情が出ていると言われては仕方が無く、
Dr.Aも「弱い薬だから大丈夫」と言うのでお願いした。
その結果、ひどく淋しがりやになっただけで、トラブルは少しも改善されなかったがホーム側は薬を飲ませたということで満足そうだった。

ここまで来るともう出て行きたいという気分で
他のホームも見学に行った。
Dr.Aはホームを変わるとショックで具合が悪くなるか心配する私に
ホーム向きに大人しくなるかもしれないと言った。(何だかね)
でもそう易々とホームは変われないのでまだ頑張っているが
どんどん母の気持ちも能力も落ちてくる。

衣類も殆ど管理されてしまって母に新しいパジャマを送って
母が開けて喜んでいる電話は本人から受けたが2日後に行くともう部屋にない。
その前に持っていった色違いのものも見当たらない。
ホーム側に出してくれるように言ってもはっきりしない。
椅子の上に衣類が山のようになっていても死ぬ訳じゃないのに
いろいろ組み合わせたり着てみたりして楽しんじゃいけないの?
管理されるようになって母の意欲はガクンと落ちたけれど
あちらはガクンと落ちたから管理したと言うのだろうか。

私は行く度に哀しくなる。

|

« 呼び出しが来た | Main | 骨折のあと »

Comments

フェルガード100ならサプリとして、使ってみてもらいたいと思うんだけど。。使わなくていいという医師がいるというのもちょっと不思議に思いました。認知症の周辺症状の緩和に役立っているのはもう症例としても多く出ているので。洋服が見当たらないというのも施設自体の管理体制もできてないのでは。なんてしばらくぶりでmitsuさんのお話なのに。ごめんなさい。お体気を付けてくださいね。

Posted by: ygracia | March 16, 2009 at 10:25 PM

あれま、私読み間違えてました。フェルガードは飲んでいらっしゃるのですね。ごめんなさ〜い。ホームも
もっとお母様を大事にしてくれるところがあるから
はやく見つかるといいと思ってます、ほんと。

Posted by: ygracia | March 20, 2009 at 08:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/44287977

Listed below are links to weblogs that reference ずいぶん間があいてしまった:

« 呼び出しが来た | Main | 骨折のあと »