« October 2008 | Main | May 2009 »

March 12, 2009

骨折のあと

2日前の昼過ぎ、突然右足の膝が痛くなった。
椅子から立ち上がろうとすると激痛が走る。その後も一足、一足が辛い辛い。
手もちのの湿布を貼っても治まらず、翌日整骨院に行くことにした。

骨折後、通っていたところは施術の後、「ああ、車で来れば良かった」と後悔するほど足首が痛んだので別のところへ行ってみる。
右足の膝は年齢的なもの?なので、電気をかけ、氷で冷やし、又暖めとフルコースやってくれた。
骨折した左足首は、関節がしっかり組み合わさっていないのではないかと言って
「ちょっと我慢してくださいよ」と言いながら骨を定位置に戻してくれた。
さすが、柔道整復師。

次の日から左足は地に足が付く感じになった。
それまで、治ったといっても違和感はあり、骨折したんだから仕方がないとあきらめていたのが普通に歩けるようになった。

前に通っていたところでは、靭帯が傷ついているのでしょうと、かなり丁寧にマッサージをしてくださったが、骨がずれていたのじゃ治らない。
近かったので鍼灸接骨院に行ったのが間違いだったのかよくわからない。
そこは鍼灸マッサージという感じだったが、接骨では駄目だったの?

ともあれ、右膝のおかげで左足首は蘇がえり、本当に嬉しい。
その足首をかばう為に傾いてしまった体を治せば右足に負担はかからないから
結果右膝の痛みもなくなる訳だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 09, 2009

ずいぶん間があいてしまった

気落ちすることばかりあって、書く気も起きず放置していたが
やはり記録はしておかないとどんどん忘れる。

先ずサプリメント(フェルガード)を試したくてそれを使っているDr.の診察を受けに行った。
母はお出かけで嬉しいといいながら電車に乗っていたが、
新宿に着いたとき「今日のメインはなあに?」と聞いた。
「ママの体調がいまいちだから、診てもらおうと思って」と言うと
嫌だわ!といいつつ診察を受けてくれて、そのサプリメントを飲むことになった。
Dr.Bは母なりにバランスがとれているので、薬は使わない方がいいでしょうとの見立てだった。

私の行動を見てホーム側はどうしても薬、薬と騒ぎ自分達で病院に連れていった。
他の入居者の家族から苦情が出ていると言われては仕方が無く、
Dr.Aも「弱い薬だから大丈夫」と言うのでお願いした。
その結果、ひどく淋しがりやになっただけで、トラブルは少しも改善されなかったがホーム側は薬を飲ませたということで満足そうだった。

ここまで来るともう出て行きたいという気分で
他のホームも見学に行った。
Dr.Aはホームを変わるとショックで具合が悪くなるか心配する私に
ホーム向きに大人しくなるかもしれないと言った。(何だかね)
でもそう易々とホームは変われないのでまだ頑張っているが
どんどん母の気持ちも能力も落ちてくる。

衣類も殆ど管理されてしまって母に新しいパジャマを送って
母が開けて喜んでいる電話は本人から受けたが2日後に行くともう部屋にない。
その前に持っていった色違いのものも見当たらない。
ホーム側に出してくれるように言ってもはっきりしない。
椅子の上に衣類が山のようになっていても死ぬ訳じゃないのに
いろいろ組み合わせたり着てみたりして楽しんじゃいけないの?
管理されるようになって母の意欲はガクンと落ちたけれど
あちらはガクンと落ちたから管理したと言うのだろうか。

私は行く度に哀しくなる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | May 2009 »