« September 2008 | Main | March 2009 »

October 06, 2008

呼び出しが来た

この間、ホームから呼び出された。
行くと私1人に対して看護士4名、ドクター、リーダーとのお話し合い。
話し合いと言うわけでもなく、かなり高圧的にお達しがあった。
曰く、お母様の暴言、暴力が酷いので、何か薬を飲ませてくれないと
他の入居者さんを守れないという。

困った。

手を上げる母は悪いけれど、100%悪いとは思えない。
*水を出しっぱなしにする人に「締めなさいよ」と注意する。
言われたほうは病気で良くわからないから何回も同じことをやる。
母は「何回言ってもわからないね!たたくよ!!」となる。
母も病気だから相手が(病気で)わからないということが理解できない。

*気に入らない相手とすれ違って馬鹿という。
相手も馬鹿!と返す。
つかみ合いの喧嘩になる。

*ある入居者が泣いている。
母に怒鳴られたと言って泣いている。
スタッフは守ってあげられなくって情けないと報告書に書く。

スタッフはお母様が怖いのであまり声掛けはしていないと言う。
仲のいいお友達の病気が進んで一緒に遊べなくなった影響があるでしょうねと言う。
そんなことを聞くと、ひとり孤立していらいら怒り狂っている様子が伝わってくる。

兎に角黙らせろ!というホームはほとほと困っているのだろう。

でもアルツハイマーの母をうるさいからとか、怖いからと言って
一人孤立させておいて何を言っているのよ!

このままいくと退去となるんだろうね。

母は気配を察して「ここは嫌だから帰りたい」と言っていた。
もう1人で暮らせないのに。

その日帰るとき母と私がはっきり区別されている事をひしひし感じた。
以前のようにホームに要望を出す気持ちも失せた。
Dr.も老人医療のプロでなく、スタッフも介護のプロではないから
何を言っても伝わらない。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | March 2009 »