« 涼しい | Main | 医者の見立て »

August 21, 2008

在宅療養支援診療所のドクター

7月の中旬、母は病気になった。

土曜日の午後4時過ぎ電話が来た。
「お母様がここ数日血圧が上がり、頭痛がすると言って寝ていらっしゃいます。
左目も腫れていて具合が悪そうなので急変したら病院にお連れしていいですか?」

急変って何ですか?エ~~そんなに悪いの?
慌てて「これから行きます」と言うと、
「明日休日診療にお連れしたいのでお聞きしましたけれど大丈夫ですよ」という返事
夜2回ほど電話で話したがすぐ出かけられるようにして待機。

次の日(日曜日)
朝から電話で「これから病院に行きます」と言うので
私も向かいますと言っても逐次連絡を入れますと断られる。
ホームに直行するともう帰って寝ていた。
金曜に診察したホームのDr.は高血圧と頭痛から脳を心配したらしく
その病院で頭のCTを撮ったが異常なしだったそうで眼の腫れには点眼薬が出ていた。
苦しいのか大人しく寝ている母はすっかり小さくなって別人のよう。
スタッフと帯状疱疹じゃないかと話していた私は
点眼薬に拍子抜けだったが、脳は大丈夫との話に一安心。
でも頭痛は続き辛そうだ。

月曜日(祭日)は頭痛がとれないのが心配でホームに行く。
土曜日にホームのDr.が出してくださった鎮痛剤は効かず可哀想でならない。
息子(薬剤師)に聞いたり調べたり、母と同い年のお向かいさんに相談したりしたが
お向かいさんの「家だったら薬が効かなかった時は違う薬を飲むじゃない」の一言で決心がつき手持ちの鎮痛剤を持って出かける。
ホームのDr.に処方を変えてて欲しいと言うのは僭越だと躊躇したが、そうも言っていられない。
ホームのナースはそれでも効かない薬を飲ませようとするので、
「その薬を飲んでも無意味だからDr.とお話したい」とお願いしたら
「私が先生にお願いしてみます」と引き受けてくれた。

しかしそれからが問題だった。
Dr.に連絡がつかない。
在宅療養支援診療所(24時間対応)であるクリニックのDr.が電話に出ない。
2時半から4時過ぎまで連絡がつかなかった。
在宅療養支援診療所だなんて何の役にも立たないじゃないの!!!
緊急時の入院先だって確保していない。
土曜日の電話でスタッフに確認したら「緊急時は病院を捜してお連れします」と言っていたもの。


|

« 涼しい | Main | 医者の見立て »

Comments

大変だったのですね。その後いかがですか?

お祈り申し上げています。

Posted by: だんばらぴっぐ | August 23, 2008 at 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/42226728

Listed below are links to weblogs that reference 在宅療養支援診療所のドクター:

« 涼しい | Main | 医者の見立て »