« November 2007 | Main | January 2008 »

December 05, 2007

鎮痛剤の効き目

3日間、1日1回薬を飲み、少しずつ痛みが取れてきた。
消炎鎮痛剤だから根本は治療できないと思っていたのに
今日は、殆ど膝は痛まない。

うれしいけれど、この状態は続くのかしら。

ただ膝が痛くなくても上手くは歩けない。
妙に突っ張り、滑らかに足が進まないのは、足首の動きが悪いせいか。

ギブスで固定されて、動くのも侭ならなかったのが、
ここまで良くなった。と思えばいいのに、何で上手く歩けないのかと
ついイライラしている私は駄目だね。

動けるようになって、足首から膝まで丸太のように張っていたのが
随分細くなった。
足首まわりの腫れが引いたので靴が履ける。

今まで真夏のキサのサンダル(バックベルト)しか履けるものがなく
足だけ夏スタイルで医者に通っていた。

歩けば腫れが引いたり、痛みが薄れたりする。
人間の体は素晴らしい精密機械だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2007

左足は80代

膝が痛くて痛くて、予約外に病院に行った。

Dr.は開口一番
「mitsuさん、来るたびに丸くなるね」
そしてレントゲンを見つつ
「骨折が引き金になって、まァカレイかな」
良くわかったわよ。

そしてリハ室に行く。
PTのお姉さんが、筋力測ってみましょうねというので
やってもらう。
いつもお年寄りを相手にしているので私にも
「は~い、力を入れて、頑張って、頑張って」と
途轍もない大声で叱咤激励する。
その声が凄くて
「あなた、凄い声が出るのね」と言うと
そうですよと涼しい顔をしている。
もうおかしくておかしくて、噴出しそうになるのを堪えて
測ってもらう。

結果右足は年相応。
左足は80代。

だから力が入らず、よろよろする訳だ。
筋力が落ちて、体重がふえたのだから
膝が悲鳴をあげるのはもっともな話。

リハのメニューが又増えて、飲み薬と貼り薬を貰って帰ってきた。

家で息子に見せると、
「さすが、大学病院だね。新薬使うんだ」
と資料を渡してくれた。
見たけれど(読んだのではない)良くわからないし、
新薬は嫌なので、持っていたロキソニンを使うことにする。

昨日、痛みがひどかったので初めて痛み止めを飲む。

効いているうちにいろいろ歩いたりしてみたら
左足は膝だけでなく足首までギクシャクしていて
滑らかに足が動かないことがわかった。

薬の効き目は6時間で切れた。
でも効き目が切れても、膝の痛み方は少し違った気がする。
薬ばかり飲むのは嫌なので、止むを得ず飲む時は
歩き方の練習をしようと思う。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »