« October 2007 | Main | December 2007 »

November 07, 2007

リハビリは続く

昨日松葉杖を返却した。

左足に力が入らずヒョコヒョコと言うかヨロヨロ歩く。
Dr.は2ヶ月使わなかったから殆ど骨が写っていないでしょうと
レントゲンを指して言う。
確かに、踵から指先までモヤモヤと白いものが写っているだけで
しっかりした骨は見つけられない。

リハビリあるのみだ。
理学療法士はいろいろメニューを考えてくれる。
7項目もやることになっちゃいましたがどうします?って
やりますよ~~。

足首はいたくないけれどその影響で
膝が痛くなってきたので膝の運動も加わった。

今日久しぶりにスーパーへ連れて行ってもらったら今度は右足の足首が痛い。
長時間?歩いたことがなかったので体がすっかり鈍ってしまったし、
スケールに乗ると案の定体重が増えている。

減量とリハビリと、気が滅入ってきた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

勘違い

母は私が以前と同じようにホームに来ていると
思っている。
ぬいぐるみを贈った日も、宅急便で荷物が届いた事はわかっていても、
飲み残しのペットボトルのお茶があると私が忘れていったのだと電話を掛けてくる。

この間の乾燥機の中の洗濯物の時も、私が取り出すのを忘れて帰ったと思っている。

その思い違いをホームの人も私も訂正しないで過ごしている。
私は申し訳ないと思い、ありがたいとも、思ってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2007

繰り返される同じ事

今朝は朝から調子が良くて
洗濯物も持って階段を上がって干したし
(1段1段階段の縁をつかみつつ登る、2つ折のおばあさんのように)
午後は植木鉢の中の雑草も抜いたし。
でも思っていた通り夕方から頭痛がして具合が悪くなる。

特にはしゃぎ過ぎた訳でもないのに情けない。

夕方母から電話
「あなた、洗濯物を乾燥機に入れたまま帰ったの?」
「私じゃないわよ」
「男の子が私のパンツを畳んでいたの、誰がそんな余計な事するのかしら」
ちゃんと洗濯してくれていたんだ、と感謝しつつ話を別の方向に向けていく。
下着は自分で洗っていたのに変だなとも思う。
「素敵なパンツだった?古いの入れ替えようね」
「勝負パンツが必要かしら」と陽気に電話は切れた。

夜になって
「私のカードと通帳知らない?」が始まってしまった。
今の時間まで2回同じ電話。
「ホームには置けない、って同じ言い訳は聞きたくない!あなたにだけは預けたくない!」

私も預かりたくない。
頭が痛いんだから、もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2007

母の誕生日

2ヶ月以上逢いに行っていない母の誕生日が迫っていて
慌てた私は病院以外の外出に挑戦した。

その店には歩いて20分ぐらい掛かるから、
息子の休みの日を狙って車で送っていってもらったが
たいした収穫はなく
ピーターラビットのソックスと普通のパジャマを買って
タクシーで帰って来た。

以前は気の利いた物が置いてあって
かなり重宝したお店だが、どのメーカーも余剰在庫を抱えないため
お値打ち価格の品物は殆ど小売店に流れてこなくなった訳だ。

虚しく買ってきたパジャマを洗濯しながら考える。

そうだキャラクターの電報はどうだろうと思い立って
検索してみると、ぬいぐるみにメッセージをつけて届けてくれる
サービスがあった。

2日前に注文して当日に届くという早業なので
早速依頼した。
めでたく誕生日当日に間に合ったプレゼントはこれ。

午前着にしたからお昼には電話があるだろうと待っていたけれど
何の音沙汰もない。
昼過ぎにホームに電話をすると
「お誕生日の色紙を書いて、一緒に渡そうと思って事務所に置いてあります」

私の思いは届かないわね。
午前中に思いがけないプレゼントが届くのがいいのに。
母は喜んだけれど、不満の残るお誕生日になった。
悔しい!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2007

ありがたい事(友人)

骨折した日、整形外科から帰ってきて先ず思ったのは、
日々の生活をどうするかだった。

買い物はいろいろ社会に役立つ仕事をしている友人に頼みたいと思って携帯に連絡した。
「単発のお買い物って頼めるの?」
彼女、仕事口調で、「頼めるわよ、どこに住んでいる方?」
「私、私」
ここで友達モードに変わり「どうしたのよ!」
縷々説明して、彼女のローテーションを聞き、
携帯メールでオーダーをする事にした。

月、火、金はデイケアなので帰り道にあるスーパー、
水はプールの見守りなのでその帰り道にあるスーパー、
他の日は近所の仕事なので、生協とおおまかに予定が立った。

つまりデイケアの日は5時位まで、見守りの日は1時まで
他の日は午前10時までにメールを入れる。
行く店もわかっているので非常に頼み易い。

それ以外にも前の整形外科に借りた松葉杖を返すなど
沢山助けていただいた。

最初から有償でお願いしたいと申し出て
1回いくらと話し合って決めた。

2ヶ月経った今、彼女がいなかったらどうしていただろうと
本当に感謝している。
食料品の買出しは普通に暮らしている男性には難しい。

生活圏が同じ人どうし、助け合いネットを作らなければとしみじみ思った。
元気な彼女も膝が悪い。しかし今は娘さんが近くに住んでいるので
私のような苦労はないが、生活形態は刻々変わっていく。
基本、1人で生きるとして、手をかしてもらえる誰かを確保できないと
安心して暮らせない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

攻めて行く

昨夜あれこれ人様の骨折り日記を読んでいて、
もう努力しかないと思い至った。

ギブスが外れたら、すいすい歩けるように思っていた
浅はかな考えは吹き飛んだ。

周りの足を怪我したり手術したりの経験のある人達は
それぞれ経験談を話してくれる。
でも最近は「あなたの怪我はかなり酷かったんじゃない」
に落ち着いてしまった。
ギブスが取れるのも遅かったし、リハビリの速度についていけてない。
足首の動きは凄く良いのに歩けない。
来週松葉杖を返す事など無謀に思える。

しかし、この現状に打ちのめされて居る訳にはいかない。
今朝から攻めに転じた。
とにかく歩く。痛いけれど歩く。
つま先で立ってみる。・・・これは左足だけでは未だ立てない。
両足で立って少しずつ体重を移動させている。

夜には足首が腫れた。
しっかり骨はついたので頑張らなければ。

少しだけあった取柄?も消滅した。

髪に殆ど白髪が無い事は、ごっそり髪が抜けたので他の心配が増えた。
外に出られるようになったら何か被り物が必要かもしれない。

歩く姿、立ち姿が綺麗とウォーキングのプロに誉められて
パンプスで颯爽と歩いていたのに・・・何なんだ。

明日からも攻めて行く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »