« 病気ですって | Main | 医療をどう選ぶか »

June 27, 2007

やはり病気だわ

ホームに行くと部屋のドアは開いていて、
ベッドに腰掛けた母は、おやつを食べ終わったところだった。

私を見上げて、「私風邪をひいたの」と言う。
水羊羹を見せたらすぐ1つ食べてしまった。
テーブルの上にはカットフルーツを食べた殻もあり、
おやつ3品は多いね。

スタッフに様子を聞いたら、
何回もぶり返すので、近所のお医者さんにでも診ていただいたらどうですかという意見。
ここのナースもリーダーも何も言わないけれど、
お食事完食といってもほんの一握りだと彼女は言う。

私も不安だったので、近くに御住まいがあるお友達に良いお医者さんはないかと聞き、取りあえず見に行った。

通りの調剤薬局で名前を言うと「最近新しくしたんですよ」と言って
場所を詳しく教えてくれたが、その場所には新しいクリニックが建っていて、
**医院の**医師の名前が何処にもない。
**医師が良いというのだから、別のお医者さんじゃ意味がないので
通りかかった人に「**医院はどこですか」と聞いてみた。
「ここ新しくなりましたが、週に2,3回は**先生もいらしています」と教えてくださった。
中に入って雰囲気を見て取って返し、母にお医者さんに行こうと誘った。

ところが、
「何で私が行くの?」
「咳がひどいから、1度診て頂きましょうよ」と言うと
「峠は越したのだから、行かない!」

え~どうして。
その後、お友達もスタッフも代わる代わるに説得してくれたが
「今日は行きたくないから行かない」の一点張りだった。

どこで失敗したかな~1度レントゲンでも撮って欲しかったのに・・・

がっかりして帰ってきて次の日、母に電話をすると
「私、風邪ひいたの、何時来てくれるの」と言う。
「昨日行ったでしょう、お医者さん行かなかったじゃない」と言うと
「あらそうなの」

咳のでない病気の方がすすんだみたい。

一人っ子はこぼす相手もいない。
お向かいさんに顛末を話したら、
「そうやって、何回も同じ病気をして弱って死ぬのよ、義兄もそうだった」
なんでそんな話になるのよ!
話さなきゃ良かった。

|

« 病気ですって | Main | 医療をどう選ぶか »

Comments

ご心配でしょう。
暑いから、ついつい蒲団かけずに寝てしまう、転寝をする、
私自身のことです。だから、頭痛。(苦笑)

食欲があれば大丈夫と言いますが・・・。
咳が続くと心配ですね。 着替えされたら、行く気になられないかしら。
ママは、日記に予定を書かせます。前の晩にそれを見せます。
当日、着替えている途中でも、どこに行くのと何度か聞きますから、
そのつど説明するのですよ。
母自身、忘れることが悲しいと哀しい顔をします。だから、初めて説明するみたいに話します。
 りっぱなお母さまだから、よけいにお辛いでしょう。
でも、mitsuさま、大丈夫ですよ。
好みもはっきりされているし、ご自分の考えを持っておられる。
しっかりなさっています。

mitsuさまもリラックス リラックス。

今夜お祈りしていますね。

Posted by: だんばらぴっぐ | June 28, 2007 at 02:06 AM

だんばら様

やはり頭が痛い?
私も毎日毎日、がっかりよ。
だから、行った時にあれこれ済ませたいという気持ちが伝わって、うまくいかなかったのだと思いますが。

体調の悪い時は辛いわよね。
あなたはちゃんと出勤される。私は家でちょっと仕事して、あとは気分転換ばっかりです。

Posted by: mitsu | June 28, 2007 at 02:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/15578958

Listed below are links to weblogs that reference やはり病気だわ:

« 病気ですって | Main | 医療をどう選ぶか »