« 疑わしい | Main | その後 »

May 16, 2007

冷たい、硬い

早速次の日に行ってきた。
出かける前に電話をすると、家族から先に電話が掛かってしまった事に動揺したのか
リーダーはあせりまくっている。
「すみません、連絡が遅れてしまいましたが、今朝から微熱があるので
今日はお部屋で休まれています」

「昨日から凄い風邪声で咳もしていましたね」
リーダー
「あ、すみません、昨日からお風邪をひかれていました」

途中のコンビニで、飲み物とアイスクリームを買って
ホームに着くと、リーダーがころがるように出てきて
一所懸命説明し、詫びてくれる。

お部屋に行くと母は死んだように眠っている。
声を掛けても起きる気配なし。
こんなに熟睡すれば少し楽になるだろうと思って
しばらく見ていた。
テーブルの上に3時のおやつが乗っているから
延々寝ているのだろう。

洗濯をして、掃除をして、ナースがアイスノンを替えても
気にせず寝ている。
突如、むっくり起きてトイレに行き
何事もなかったかのように戻ってきて寝た。

そのうち夕飯が届いたので、声を掛けて起こしてみたが
あまり反応は良くなくて眠そうだった。

それで、いい機会(?)だから1口ずつ試食してみた。
おつゆは美味しいけれどぬるい。
ご飯も美味しいけれど表面が乾いてしまって硬くなっている。
たかだか10分かそこいらでこんなに冷めるものなのかしら。
粕漬けのお魚は心底冷たい。箸でつついてみたけれど硬い。
煮物は汚らしく煮崩れていて食指は動かない。
これも冷たい。
そして酢の物、これはマアマアかな。

早い話、食欲がなくなるありさまで、
熱いのはおしぼりとお茶のみ。

入居した頃はもっと良かったと記憶している。
皆と一緒にお昼を食べたこともあるけれどその時と段違いに
献立は貧しくなっている。

母もおきて食べ始めたが、煮物は汚らしいと言って
箸もつけない。
お魚は硬くて、口にいれても繊維だけ残るらしく
ティッシュに出していた。
酢の物と昆布の佃煮とおつゆだけしか食べられない。

帰りに事務所に寄って、おかずは柔らかいものにして欲しい
ご飯とおつゆは熱いものをいただきたいと
希望を言って帰ってきた。
お魚だって暖かければ身が締まらないし、もっと肉質の柔らかい魚
鰆なんか良いと思うけどね。

帰り道、スーパーにいる時にリーダーから電話があり
会議中でお帰りの時にお話が出来なかった事、
私の希望を調理スタッフと相談して見る事等
誠意あるお話ぶりで少し安心した。

ナースは体重が減った事を言うと
さっとデータを出してきて、極端に減っていないから
大丈夫だと説明したけれど、・・・・う~ん、そうかな。

|

« 疑わしい | Main | その後 »

Comments

頭が下がります。私ならとてもできないでしょう。忙しさを口実に、きっと足が遠のくでしょう。母の変わり様を受け入れたくなく、見たくなく、そそくさと帰ってしまい、自分の弱さと残酷さを怒り、呆れ、嘆きつつ、でも出かけていくことにいつも葛藤を感じることでしょう。実にエライです。

Posted by: さなえ | May 16, 2007 at 07:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/15086806

Listed below are links to weblogs that reference 冷たい、硬い:

« 疑わしい | Main | その後 »