« 睡眠導入剤をどうするか | Main | 責任 »

February 07, 2007

同じ穴の狢

狢(むじな)って難しい字を書くんですね。
貉とも書く。

「女性は子供を産む機械」発言を聞いて反射的に思い出したのは
石原都知事の「ババア」発言。

柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言
1月28日10時34分配信 毎日新聞
 柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。少子化対策にかかわる閣僚による、女性を「出産する機械」とも例える発言だけに、今後批判を強く受けそうだ。

そして、石原都知事のは

これは僕が言ってるんじゃなくて、松井孝典が言ってるんだけど、〝文明がもたらしたもっとも悪しき有害なる物はババァ〟なんだそうだ。〝女性が生殖能力を失っても生きてるってのは、無駄で罪です〟って。男は八〇、九〇歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む力はない。そんな人間が、きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって……。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)。
『週刊女性』 2001年11月6日号 (インタビュー記事)

こう続けて読むと、女性は本当にかわいそうな生き物じゃないの。

そして今日また柳沢さんが発言した。

2月6日11時18分配信 毎日新聞
 今後の少子化対策については「結婚し2人以上の子どもを持ちたいという(若い人の)極めて健全な希望にフィットする政策を考えていかないといけない」と話した。

この人には今の世の中が全然認識できていない訳で、
夫婦と子供2人が一般的な家庭という古い規範からどうしても離れられない。

1人っ子は不健全か、なんて不毛な議論をするよりも
まともな考えの人(ふつうの人)に代わっていただかないと
厚生行政は正常にならないのではないだろうか。

|

« 睡眠導入剤をどうするか | Main | 責任 »

Comments

いつだったか、朝日かなんかのコラムで、男性の女性の選び方の話がでてて、
日本人男性がみな「顔」で選ぶとしたことにびっくりしたフランス人男性の
話がでてました。人間性と内面で選ぶというフランス人からみたら
日本の男性はかなり幼稚だと書かれていた。
「ババア」というけど、自分の母親にもババアは不用って言えるのかしらね。
人間性疑いますよ、ほんと。かの大臣は、もう価値観が固まってるから、
いくら謝ってことばかえても無理でしょうね。交代すればいいのにね。
うちも、こどもたちからは「おかあさんはやりすぎ、自分たちはそういう風には
できない」と言われてます。もうどうにでもしてくれって思いました。。

Posted by: ygracia | February 09, 2007 at 08:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/13762946

Listed below are links to weblogs that reference 同じ穴の狢:

« 睡眠導入剤をどうするか | Main | 責任 »