« 眼の話 | Main | 駄目な私 »

February 21, 2007

オバサンは疲れた

室内履きの新しいのを持って母のところへ行ってきた。

ホームの玄関近くではお歌の会の準備をしている。
「ずっと同じワンピースを着ていて着替えてくれません」
と私の顔を見るなりリーダーが言う。
「他のものは、後ろにボタンがついていたりするから
あれしか着る物がないんですよ」なんて事も言う。

年寄りが同じものを着続ける事は良くあると思うし、
下にブラウスなりカットソーを着て
ウールニットのワンピースを着ているので
それほど汚れないと思うのだけれど、いけないの?
お風呂も入っているし、下着靴下は毎日着替えているし、
インに着るカットソーは着替えているのに。

前のリーダーの時は、違うワンピースを着続けた。
その時も大騒ぎされたけれど、汚れていないのに何でだろう。

昼間は暖かかったので、お散歩に行った。
帰りにひなまつり、ひなまつりと騒ぐので、お花を買った。
ラナンキュラスとかすみそうを買って包んでもらうと、
今度はスイトピーを買うと言うので追加してもらう。

夜、電話をするとお花が綺麗だと喜んでいる。
「ねえこれどうしたの?」
「一緒に買いにいったでしょう」
「えぇ?知らない。この街の花屋に行ったの?」

言った事も、見た事も頭の中に留まらなくなってしまった。

|

« 眼の話 | Main | 駄目な私 »

Comments

お洒落な方だったから心配されたのかしらん。
うちの母には、同じもの着せています。いくつか並べても、
結局同じ物を選びます。
少し違う色めを用意しても、これ嫌いと言われてしまいます。
本人が納得して買ったはずなのに、帰ると、こんなのってね。
 ショックですね。前に言ったかもしれませんが、母が意識を
回復し寝たきりを克服してベッドに座れるようになった時に、
「おくさん」と呼ばれました。
その後すぐに気がついてくれましたが、自分の年齢も忘れてしまっていました。まさか自分の母親が・・・。奈落の底の気持ちです。
ひらがなで日記を付け、自分の親兄弟の名前を何度も聞いて
書いていました。そんな経験があります。
今もつい先ほどのことを忘れます。眼鏡やはさみの上に寝てしまったり、危険もいっぱいです。でも、嫌なことも忘れて、どんな方にお会いしても、いつも懐かしいと泣いて喜ぶのですよ。
mitsuさま希望を持ってくださいね。 
 

Posted by: だんばらぴっぐ | February 23, 2007 at 12:26 AM

だんばらさま、こんばんわ。

何でスタッフの人がこだわるのかわかりません。
ウールのスカートやセーターなんて、延々着て
シーズン終わりにクリーニングに出したりしましたよね。
まして、部屋着なんですよ母の場合。

納得いかないわ。

身内がどんどん変わっていくのは辛いですね。
でもネットのお友達の書き込みで救われます。
いつも本当にありがとう。

Posted by: mitsu | February 23, 2007 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/14001410

Listed below are links to weblogs that reference オバサンは疲れた:

« 眼の話 | Main | 駄目な私 »