« 混乱している | Main | 嫌な女 »

November 04, 2006

悲しみでいっぱいだ

今日の午後、何回も母から電話がある。
「支度して待っているんだけれど、いつ来るの?」
「だから昨日行こうと言ったでしょう、今日は祭日だから出かけないのよ」
「そうなの」

しばらくすると、又電話がある。
同じ事の繰り返し。
夕方までずっと待っていたらしい。

私は追い詰められて、心が痛い。

誕生日に備えて、私は食事会を計画した。
メニューを確認し、予約の要不要を聞き、
当日の朝電話すればいいようにした。

しかし、それは本人の意向に沿わない事だった。
昨夜、ホームに電話して、今日これこれで、食事に誘ったが
断られてしまった事、お買い物は祭日、土日を外したいので
来週予定している事を伝えた。

今日のお誕生日はホームで何かやっていただけるというので
よろしくお願いして、電話を切った。
ホームと私の間では話はうまく流れていたけれど
母はまるで違う事を考えていたらしい。

母は前回のようにデパートに行くつもりでいる。
そのお店には母のサイズの洋服が少なく、良い物がなかった。
待つ事ができない母は店員さんと喧嘩をする。
私が謝ると、何で謝るんだと私を怒る。
この間は京都物産展でご機嫌になって良かったけれど大変なのだ。

申し訳ないが三連休の初日にターミナルデパートに
買い物にいくのは危険なので断った。

それでも心が痛い。哀しいだろうなと。
夕飯の支度をしていると、電話が鳴っているような気がする。
空耳??
そのうちこめかみの上のほうが、ズキズキ痛くなった。

抗不安剤とアスピリンを飲み、ゆっくり食事をして
少し落ち着いた。

お向かいさんには、
「あなたの人生だってそう長くはないんだから、ママのことだけで
終わらないようにね」と言われた。
「物事がわからないという病気なんだから、仕方ないのよ」とも。

それはそうでも、体がバラバラになりそうなくらい悲しい。

|

« 混乱している | Main | 嫌な女 »

Comments

mitsuさんの悲しみ、私も請け負います〜〜
このつぎ、おかあさまを楽しませてあげましょう、
私もおんなじ〜〜。

Posted by: ygracia | November 04, 2006 at 01:09 AM

ygraciaさん、ありがとう。

あなたのお母様の記事も読むと、切なくてね。
もう昼間は悲しくて何にも出来なかった。

又、次頑張ります。

Posted by: mitsu | November 04, 2006 at 02:18 AM

mitsuさん、はじめまして、
私は、認知症、左麻痺、車椅子生活の在宅介護をしております。すごく感銘しましたのでコメントさせていただきます。私も悲しみに暮れる日もあれば嬉しい日もあり、毎日色々で、ついこの間は、体調不良になってしまいました。お互い自愛しながら、無理しないよう頑張りませんか・・・
長くてごめんなさい。see you again...

Posted by: green | November 04, 2006 at 07:26 PM

greenさん、いらっしゃいませ。

在宅介護をされているなんて、頭がさがります。
良かれと思ってやっていても、うまくいかないと
八つ当たりしてしまいます。
介護する者が健康でないと良くないので、
心の健康にお互い注意しましょうね。

Posted by: mitsu | November 05, 2006 at 02:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/12544865

Listed below are links to weblogs that reference 悲しみでいっぱいだ:

« 混乱している | Main | 嫌な女 »