« October 2006 | Main | December 2006 »

November 22, 2006

寄せ植え④

Dsc01725
後ろから2色の八重咲きストック、その横のパンジーは「カンカン」、白い葉っぱは木百香、その前はパンジー「やまとうた物語 紫雲の空」、リリオペ、白い花はスイートアリッサム、手前がパンジー「グレース」2株

グレースはシーズン初めに違うお店から購入した物。
もう徒長しまくり何故か枝垂れ咲く。
花は綺麗なんだけれどね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

寄せ植え③

Dsc01722
前にあるのが、シュガーコートシリーズ色彩アリッサム。
これは綺麗で1株で色々な色が楽しめる。
後ろのパンジーは「りんごちゃん」と咲いていないのでわからないブランドパンジー(共に家にあった物)
しかし鉢が汚い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寄せ植え②

Dsc01723薄いピンクのシクラメン、バコバ、メラリュウカ マウンテンファイヤー。家にあった濃いピンクのシクラメンとスイートアリッサム2株。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寄せ植え①

Dsc01724今日届いた花苗を使って寄植えを作った。
福袋ならぬ福箱なので何が入っているかわからないけれど送料込み、税込みで2604円。産直苗が20株入っている。
以前も買ったことがあるので品物に不安はなかったが、気分を変えようと買ってみた。
躊躇するのは、種蒔きチビ苗ちゃんが沢山あるからで、今年は声をかけても
取りにきてくださる方が少なくて必死にプランターに植えたのだ。
この事も悲しいがそう応えない。感情も鈍磨してきたようだわ。
これは赤のデージー、赤のプリムラ・ポリアンサ、白いのがノースポール
黄色のパンジー、名前を忘れた葉物。
ぱっちり、クッキリは苦手だけど可愛い。これが福箱の良さね。

今日までやっています。
産直花だん屋さん


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2006

どうにも鬱で

ここ一月ぐらい、気持ちが沈んで仕方がない。
何にもしたくない、何も出来ない。

母の事が原因かとも思っていたが、違うみたい。
子供が長期旅行中というのは少し関係あり。
(子供にとっては迷惑な話)

体調はいつもと同じだし、特に何も無い。
好きな事(好きだった事)をしても面白くないし、
行動を起こすまでが大変だ。

趣味の園芸も気乗りがしない。
種蒔き苗が育ったので植え替えているだけで
心ときめかない。

F1もシーズンオフだし、ERは重いし、
チャングムも終わってしまうし、つまらない。

仕事も捗らず、でもこれはやる気が少し起こる。
これに縋って立て直すしかないか。

この寂寥感は、どうしたものだろう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

お買い物、お買い物

大騒ぎのお買い物は先週頑張った。

その日も朝から母とホームから次々電話が掛かったが、
「お昼過ぎに行きます」と押し切り、行ってきました。

母は外出着のワンピースにストッキングをはいたまま、
ベッドの中で不貞寝していた。

「デパートへ行こう」と言ったら喜んだので即、車で出発。
下調べしていた「ブティックバーゲン」でお安いニットを1枚買って、
バッグに付けるお花の時計を買って、例によってお友達にお土産を買って。
アフタヌーン・ティールームでお茶を飲んで帰ってきた。

いつもの事だけれど、その時は少しも大変じゃないから
又、一緒に出かけようと思う。
でも帰り道と帰ってからは、疲れがピークでよれよれになる。

母は疲れを知らない!病気だから。
昔から(恍惚の人を読んだ頃)疑問なんだけれど、
いくらでも食べられるとか、疲れないというのは
体はどうなっているんだろう。
映画の「恍惚の人」で森繁さんがお鍋を抱えてお芋を食べているシーンが
いつも脳裏に浮かんでくるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2006

今度はこう来た

可哀想な事をしたと気になっていた母のホームに電話をした。

なかなか出ない。

ホームだから留守という事はないし、間違ったかしらと思ったらやっと出た。
リーダーだったので名乗ると
「今すごくバタバタしていて」と言う。
「母の様子だけ教えて」
「お元気ですよ、大丈夫」
それが聞きたかったので、感謝して電話を切る。

そして今日、さて行こうかなと思っていたら電話が来た。
「あたしだけど」・・ママである。
「私の通帳とカード持っていったでしょう」

あ~又始まってしまった。
そして今度は激しい。

夜10時過ぎにも
「何で持っていくのよ、泥棒!」
「警察に言う!」と電話は続く。

彼女の思考経路を考えると、

買い物に行きたいのに、娘は来ない。

そうだ、1人で行こう。年金も入ったはずだし。

カードがない、通帳がない。

あいつが盗ったんだ。

「ホームには置けないのよ」と言うと
以前は「皆持っているわよ」だったけれど
その後に「あなた以外の人に預けるから、持ってきて、全部よ」
のご注意が付くようになった。

もう面倒で全部持っていきたいくらい。
いつまでも、いつまでも同じ事繰り返すんだろうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

父にお誕生日前後の様子を話したら、
「病人のいう事をまともに受け取って嘆いたり、落ち込んだりせずに
うまくかわすようにしなさい」と助言された。
そんな事は承知しているわよ!
何であなたに言われなきゃいけないの?
××正直で××真面目なもので、それがうまくいかないんじゃない。
もう逆切れである。

性格は変えられないけれど、かわすようにしないと
自分が潰れてしまいそうだ。

壊れる前に頑張ろう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 05, 2006

棘のある言葉

ホームリーダーとの会話。

私が「母が直ぐ来てと電話してきても、なかなかそう出来なくて」
りーダー「Aさんのお嬢様はすぐにおいでになりますよ」

そうですか!Aさんのお宅は3階のテラスから見えますものね。
遠いから来ないという訳ではないが、緊急時ではないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私「ちょっとご相談したい事がありますので、20分ぐらいお時間いただけます」
リーダー「この間のでは、不足ですか」

内容が違うのですよ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私「あなたがいらっしゃる時に伺いたいからシフトを教えて」
リーダー「今の予定だと水曜だけれど、倒れそうなくらい疲れているから
いつ休むかわかりません」

??
この人はいつもこんな事ばかり言っている。
会議で居眠りしたり、優しくなかったり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーダー「会議の時、突っついて起こしてくれたでしょう」
いいえ、そんな事していません。
母の薬について真剣に話している横で爆睡している人がいるなんて
考えもしなかった。
無かった事を有ったように言う、作話ってやつですか。

小さな声で言うけれど、器じゃないのかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

嫌な女

昨夜はいろいろ考えてしまい、4時になってレンドルミンを飲んで寝た。
今日は人と会う約束があるが、気になって、ホームに電話する。

「昨日は一日待っていらして、警察にも電話をされました」
???
「どうして警察なの?」
「娘がなかなか着かないのは、事故にあったのではないかと
ご心配されて、お部屋で電話されていました」

なんて切ない事言うのよ。なお辛いじゃないの。
あの仲良しでもない強気の母が、
お誕生日には娘が来て、お買い物に一緒に行くのだと思いこんで
ひたすら一日待っていたなんて。

朝から物凄く落ち込んでしまった。
何回も何回もキャンセルしようと考え、でも思いなおし
ノロノロ支度して出かけてきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2日の件は反省している。
自分がセットした食事会を拒否されても、一緒に出かけて
楽しむことは出来た。
自分のしたい事ばかり言うのに腹を立てて取りやめにしたのは大人げなかった。
母は病気なの。それなのに何の思いやりもなかった。
嫌な女である。

来週はお買い物に行くから、待っていてちょうだいね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 04, 2006

悲しみでいっぱいだ

今日の午後、何回も母から電話がある。
「支度して待っているんだけれど、いつ来るの?」
「だから昨日行こうと言ったでしょう、今日は祭日だから出かけないのよ」
「そうなの」

しばらくすると、又電話がある。
同じ事の繰り返し。
夕方までずっと待っていたらしい。

私は追い詰められて、心が痛い。

誕生日に備えて、私は食事会を計画した。
メニューを確認し、予約の要不要を聞き、
当日の朝電話すればいいようにした。

しかし、それは本人の意向に沿わない事だった。
昨夜、ホームに電話して、今日これこれで、食事に誘ったが
断られてしまった事、お買い物は祭日、土日を外したいので
来週予定している事を伝えた。

今日のお誕生日はホームで何かやっていただけるというので
よろしくお願いして、電話を切った。
ホームと私の間では話はうまく流れていたけれど
母はまるで違う事を考えていたらしい。

母は前回のようにデパートに行くつもりでいる。
そのお店には母のサイズの洋服が少なく、良い物がなかった。
待つ事ができない母は店員さんと喧嘩をする。
私が謝ると、何で謝るんだと私を怒る。
この間は京都物産展でご機嫌になって良かったけれど大変なのだ。

申し訳ないが三連休の初日にターミナルデパートに
買い物にいくのは危険なので断った。

それでも心が痛い。哀しいだろうなと。
夕飯の支度をしていると、電話が鳴っているような気がする。
空耳??
そのうちこめかみの上のほうが、ズキズキ痛くなった。

抗不安剤とアスピリンを飲み、ゆっくり食事をして
少し落ち着いた。

お向かいさんには、
「あなたの人生だってそう長くはないんだから、ママのことだけで
終わらないようにね」と言われた。
「物事がわからないという病気なんだから、仕方ないのよ」とも。

それはそうでも、体がバラバラになりそうなくらい悲しい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 03, 2006

混乱している

混乱しているのは私である。

母のマンション行きはホームが協力してくれて、
個別の外出ということでスタッフと車を出してくださることになった。
思いがけないこと大いに感謝している。

しかしここで私は考えてしまった。
躁状態の母は頻繁に電話してくる。
31日は
「ハロウィンで子供達がくるからお菓子を買いに行きたい」
「お友達の車椅子を押して一緒にいきたい」
これは我慢してもらった。

そして今日
「お誕生日に着る、新しいお洋服を買いにいきたい」
「お食事にいくつもりなんだけど」
「お食事なんていいからお洋服買いたい」
良く聞くと、素敵なお衣装で歌いたいということだった。

この流れで考えると着物を取りにいきたいというのは
素敵なお衣装で歌いたいの意味だとわかった。

吉とでるか凶とでるかわからない
帰宅プロジェクトは良く考えないといけない。

個別外出は止めて、皆と一緒の外出をするか
行き先を変えて出かけたほうがいいかもしれないね。

母を家に連れ帰ってみるか、否か。
私の心は揺れ動いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »