« 成果があったのか | Main | F1最終戦・ブラジルGP »

October 21, 2006

訃報

昨年だったと思うけれど、

「昔の職場の旅行会するんだけど、来ない」というお誘いがあった。

私としては2つ目の職場で一緒だった人で、
100人いた部の中の小さな係の親睦会で「なぎさ会」と言う。

懐かしくて、行くと返事はしたものの、あまり気乗りしなかった。

でもその気になったのは
「Kさんね、80になるんだってさ。なぎさ会も最後の旅行だから来てよ」の一言。

7人の係だったが、1人は消息不明、1人は定年後、名古屋に帰って1年程で亡くなった。
そして係長も4年ぐらい前に他界したので4人の旅になった。

まるで変わりのないKさんと誘ってくれたMさん
そして怪我をしたYさんのピンチヒッターの人と夜中までしゃべり続け
次の日はMさんの車であちらこちら遊んで、帰ってきた。

帰り道でMさんは自宅に誘ってくれ、4人でお茶をいただいて解散した。
少し淋しいけれど思い出深い旅になったのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月になって、職場の会報が届く。
消息の所に手を怪我して来られなかったYさんの訃報が載っている。
あの時会えたら良かったのにと思った。

14日の土曜日、80になったKさんから電話があった。
てっきりYさんの事かと思って出ると、Mさんの訃報だった。
吃驚してペラペラ、ペラペラ思い出を喋りつづけてしまった。

衝撃だった。
享年69歳、2月に白血病とわかって療養されていたそうだ。
私に最後だから、最後だからと誘ってくれて、本当に最後になっちゃって。

月曜のお通夜には80のKさんと待ち合わせて出席した。
駅での別れ際、とても淋しかった。

係りで1番の若手が60近くなったという現実だった。

|

« 成果があったのか | Main | F1最終戦・ブラジルGP »

Comments

わぁ・・・驚かれたでしょうね。
私、高齢の方が亡くなられるのかと思っていました。
ご本人は覚悟なさっていたからでしょうが、でも他の方々にとっても、愉しい旅行をなさって良かったです。
辛いけど、その方の嬉しそうな顔を思い出せるから。
私も思い出します。友人の腰をさすっていた私に、ほんの少し眠った友人が目を開けて、「ああ、いてくれたんや。」
嬉しそうに笑ってくれたこと、思い出します。

Posted by: だんばらぴっぐ | October 21, 2006 at 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/12347576

Listed below are links to weblogs that reference 訃報:

« 成果があったのか | Main | F1最終戦・ブラジルGP »