« 前進あるのみ | Main | 居眠り? »

September 14, 2006

電話作戦

JUNKOさんのblogを読んでいてふと思った。

母がイライラするのは楽しく会話する相手がいないからなんじゃないかと。
今までの、(今でも)仲良しさんは少し体調が悪くなって
一緒に行動出来なくなり、会話も減っているように感じる。

外出より買い物より、とりとめなく、楽しく話す事ができれば
暴言を吐く気分にはならないはず。

ただ、お話する相手がいないんだな~
トゲトゲしているし、人をバカにするし。

電話作戦はどうだろう。
私も1本の電話ですっかり気分が変わる事があるから
その一瞬だけでも楽しければ良しとして
明日から早速やってみようかな。

内容充実のJUNKOさんのblog

|

« 前進あるのみ | Main | 居眠り? »

Comments

初めまして。笑わせてなんぼの介護福祉士のJUNKOです。
リンク、ありがとうございます。
少し拝見させて頂いたのですが「電話をかけられる」というのはいいですね。うちの認知症棟には電話も無いんです。通信の自由さえも・・・。
薬は・・・我々も利用者さんの事を思って与薬が行われますが、私もあまり好きではありません。
行動障害を深く分析せず薬に直行するというのはどんなもんなんだろう?と思ってしまいます。
なので介護側としてはナースには利用者さんの情報をたくさん伝えるようにして「即、薬」に結びつかない努力はしています。
暴言暴力の利用者さんもいらっしゃいます。
正直最初の1年、私はこの利用者さんが好きではなかったのですが(プロだから好きとか嫌いとか言っちゃいけないんだけれど)ある時全てを受け入れたら大好きな利用者さんに変わりました。でも1年かかりました。今はお互い相思相愛になっています(笑)全てを受け入れたら、と言うのは自分がこの方の生活暦や性格や現在の気持ちを深く調べて悲しみや憤りを知った事からスタート出来たのだと思います。
「楽しい会話」は利用者さんに「今、ここにいていいんだよ」「ずっと一緒にいようね」というメッセージを伝えますから、一日に職員が3分でいいから全員!取り組んでくれると、そこはとてもいい施設になるんだと思います。
mitsuさんもお母さんと楽しい会話を増やして下さいね!
・・・長々とすみません。

Posted by: JUNKO | September 14, 2006 at 10:34 AM

どうされているかと心配しています。
いろいろかんがえもあるのですが前進の兆しが
あるようですのでそれに期待したいと思います。

母はきようにパジャマを脱いでしまいます。
スキンシップが足りないと思い背中を擦ったり
足に化粧水を付けてあげたりしています。

傍にいてゆったり寝たい母なのに
   「バスが来るからまたきます。」

なかなか上手くいかないけれど「楽しく」でき
たらいいね。

Posted by: ぴょんすけ | September 15, 2006 at 02:19 AM

JUNKO様 ご訪問ありがとうございます。
>mitsuさんもお母さんと楽しい会話を増やして下さいね!

電話はうまくいきそうなんですが、実際に逢いに行ったらとにかく直ぐに腹を立てるんですよ。
「帰ってよ!」と言うので「じゃあね」と帰ってきてしまいました。人様に介護がどうのなんて、おこがましい我が振る舞いです。


ぴょんすけ様

本当におやさしいのね。
母もつまんない、とベッドに腰掛け足をぶらぶらさせています。
我々だって、家にいてそれほど楽しい事なんてないのだから、
難しいですね。

Posted by: mitsu | September 19, 2006 at 12:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/11885521

Listed below are links to weblogs that reference 電話作戦:

« 前進あるのみ | Main | 居眠り? »