« 水族館 | Main | 前進あるのみ »

September 11, 2006

すっかり壊れた

金曜日にDr ナースが加わってのカンファレンスに出席してから、
頭痛が止まず、すっかり壊れた。

悔しい!!

ケアスタッフと何回も話し合いを重ね、なんとか薬を使わず
やって行こうとしているのに、
Dr.は「ここはそういうケアは出来ないから外へ変わった方が良い」と言い、
ナースは言外に退所をちらつかせる。

あなた達にそんな権限はないでしょう。

私は断固薬拒否ではない。
関わり方をいろいろ変えてみながら、
「少し薬も使ってみようか」というならわかる。

薬を拒否するなら退所して欲しいというのは、
契約事項にも反するし、何度も言うようだけれど
権限もないのだ。
考える期間は1週間だって。ふざけないでよ!

このホームを選んだのは、創業者の考え方に共鳴したからで
スタッフもよく訓練されていたからだ。
それなのに外の業者に経営権を譲り、あっという間に
創業者はいなくなった。
引き受けた業者は大手なので設備その他は充実したが
心がなくなってしまった。

ケアスタッフは薬を飲んだ場合の足の縺れを気にしている。
私達はなるべく外に連れ出して、
ストレスを軽減する方法をとりたいので困っている。

母はこのホームが気に入っているので
何とか良い方向に向かうように頑張らなければならないのに
本当に私は非力で軟弱で情けない。

|

« 水族館 | Main | 前進あるのみ »

Comments

mitsuさま、私のサイトにコメントして頂きありがとうございました。
私のブログにも書いたのですが、ケアスタッフと介護家族との意識の違いを感じます。
介護しているご家族は、「どうすればお母さん(お父さん)にどうすれば豊かな人生が送れるか」というように考えているのに対し、多くのケアスタッフは、介護サービスの対象としか考えていないように感じます。また、仕方ない事かも知れませんが問題を解決する為に、安易に簡単な方法に流れるようにも感じます。(患者に問題行動があるとすぐに投薬に走るなど)

この辺は介護責任者の考え方しだい なのかもしれませんが、

私も施設で看護士に暴力をふるった父が薬漬けにされ、ベッドに縛り付けられているのを見た時、施設側に抗議しましたが無駄でした。

@秋虎【介護家族】
http://kaigokazoku.livedoor.biz/

Posted by: @秋虎 | September 17, 2006 at 06:25 PM

秋虎様、ご訪問ありがとうございます。

どこで薬を使うかは難しい問題だと思います。
薬のさじ加減もそうですが、家族と介護者、医療従事者の信頼関係を築けるかどうかにかかっているのではないでしょうか。

信頼している人からのアドヴァイスはすんなり心に入ってきますから、
薬を使う使わないの前にやるべき事があるんですよ。きっと。

Posted by: mitsu | September 19, 2006 at 12:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/11861112

Listed below are links to weblogs that reference すっかり壊れた:

« 水族館 | Main | 前進あるのみ »