« August 2006 | Main | October 2006 »

September 25, 2006

昔の母の1日

最近、母の1日を考えてみる事がある。

--------------------------------
介護と両立出来ずに仕事をやめ、
母親(私の祖母)の介護が終わった頃の事。

朝、ゆっくり起きる。仕事に行かなくていいのだから。
だいたい11時ぐらいかな。

新聞を読んで、パンとバナナを食べる。
牛乳は飲んでいたかな~覚えていない。
TVを見ていると、夕方になる。

もう暗くなったから夕飯だわ。
買い物にいかなきゃ。
真っ暗になった頃やっと出かける。

お気に入りはお刺身。
パックのご飯を温め、夕飯にする。
食後はひたすらTVを見る。
いつまでもいつまでも、朝の4時頃まで見ていて、
それからやっと寝る。

その繰り返し。
ーーーーーーーーーーーーー
そんな事を思い出していたら、TVで河上和雄さんが
老人には「きょうよう」が必要ですと言っていた。
「教養」ではなく「今日、用事がある」の意味。

朝起きた時に予定があれば生きられる。
活き活きできる。

母も始めは努力していた。
カウンセラーの仕事を再開するつもりだったのか、
技術を磨く為に講座に通って勉強をしていた。
しかし、指導する方と仕事に対する考え方が合わずに
止める事になったようだ。

その後は↑に書いたような毎日が続くようになった。
時々は出かけようかなと思うらしいが、
思い立つのが朝食後しばらくしてだと3時か4時。

何を着ようか考えていると暗くなってくる。
そして、今日は止めようとなる。

職場の友達以外に友達はいなかった。
今も問題になる性格は昔からで
私達ともうまくいかなかった。
どうしているかなと電話をすると
「煩いわね!」の一言で切られてしまう。

皆関わらないようにして暮らしていた。

趣味も友も持たなかった母は
単調な暮らしで刺激もなく、その結果が
アルツハイマーだったのかと思っている。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 19, 2006

居眠り?

ブロック担当者を交えてのお話し合いに行ってきた。

ホームリーダーとナースも同席した。
ホームリーダーの「全然記憶にないわ、疲れていたから居眠りしていたかも」
には呆れた。

でも前回の出席者の中から
「このDr.の発言は娘さんが誤解するだろうな」と感じた人が2人、
しっかり記録として残していた人が2人いて、私の発言は裏づけられた。

苦手としていたナースは全て記憶していた。頼もしいかも。

結果として、「お薬を使わないケアを皆で考えてやっていきます」
というお返事をいただいて帰ってきた。


私はいつもいつもホームのリーダーに
「疲れた」「寝てない」「休みたい」と聞かされる。
「今日は良いケアはできないわ」とも言う。
何か変だと思う。
「大丈夫よ」とも言ってくれるけれど、やはり何処か変だ。


ブロック担当者は精神科の受診が先で
その後に投薬という当たり前の事を主張してくれたが
何か良い策はあるのだろうか。
最終的には薬使用は避けられないかとも思うので
精神科医の往診は早く実現して欲しい。

この問題が出てきてから、同じような境遇の人達の
blogを読ませていただいた。
家族は真剣に親の状況にあう薬を捜し、
使い方を考え、より良い状態にもっていこうとしている。
頭の下がるような話をいくつも読んだ。
ホームで看ていただいているからと言って
無関心ではいられない。
迷惑かもしれないけれど、私なりのやり方で関わっていきたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 14, 2006

電話作戦

JUNKOさんのblogを読んでいてふと思った。

母がイライラするのは楽しく会話する相手がいないからなんじゃないかと。
今までの、(今でも)仲良しさんは少し体調が悪くなって
一緒に行動出来なくなり、会話も減っているように感じる。

外出より買い物より、とりとめなく、楽しく話す事ができれば
暴言を吐く気分にはならないはず。

ただ、お話する相手がいないんだな~
トゲトゲしているし、人をバカにするし。

電話作戦はどうだろう。
私も1本の電話ですっかり気分が変わる事があるから
その一瞬だけでも楽しければ良しとして
明日から早速やってみようかな。

内容充実のJUNKOさんのblog

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 13, 2006

前進あるのみ

3日ほど、ぺちゃんこになっていたが、
そろそろ気を取り直して行動する気になった。

お客様相談室に相談してみたらどうだろうか。

入居時にいただいた冊子にクレーム処理についての記述があるから
素朴な疑問をぶつけてみようと思った。
それもファックスで(証拠になるし、話しているうちに論点がずれそうなので)
ところが、番号が変わっているのか通じない。

仕方がないので、HPの会社概要から代表電話に℡して、
電話番号を聞いた。

お客様相談室に原稿を見ながら用件を話すと
担当部所から電話をくれるという。
少し待って、担当者と話したところ、8日のカンファレンスの前までの事は
全て把握していた。
進行する病気をケアする体制を整える為に
精神科の往診が始まるという情報も得たので
彼女の調査を待って、話し合いを持つ事になった。

不信感は心を萎えさせる。

良かれと思う方向に進むしかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2006

すっかり壊れた

金曜日にDr ナースが加わってのカンファレンスに出席してから、
頭痛が止まず、すっかり壊れた。

悔しい!!

ケアスタッフと何回も話し合いを重ね、なんとか薬を使わず
やって行こうとしているのに、
Dr.は「ここはそういうケアは出来ないから外へ変わった方が良い」と言い、
ナースは言外に退所をちらつかせる。

あなた達にそんな権限はないでしょう。

私は断固薬拒否ではない。
関わり方をいろいろ変えてみながら、
「少し薬も使ってみようか」というならわかる。

薬を拒否するなら退所して欲しいというのは、
契約事項にも反するし、何度も言うようだけれど
権限もないのだ。
考える期間は1週間だって。ふざけないでよ!

このホームを選んだのは、創業者の考え方に共鳴したからで
スタッフもよく訓練されていたからだ。
それなのに外の業者に経営権を譲り、あっという間に
創業者はいなくなった。
引き受けた業者は大手なので設備その他は充実したが
心がなくなってしまった。

ケアスタッフは薬を飲んだ場合の足の縺れを気にしている。
私達はなるべく外に連れ出して、
ストレスを軽減する方法をとりたいので困っている。

母はこのホームが気に入っているので
何とか良い方向に向かうように頑張らなければならないのに
本当に私は非力で軟弱で情けない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2006

水族館

結局、完全主義者の私は下見のつもりで1人で参加した。

前の日にヘルパーの友人から電話が来て打ち合わせ
お向かいさんと駅までタクシーで行き合流した。
元気なおばあさまは2人増えて3人になっていた。

A子さんは68歳、障害者手帳を持っていらっしゃるけれど
           リュックを背負ってお元気。
B子さんは86歳、ヘッドがローズクウォーツのようなお洒落な杖持参。
           着ていらっしゃる物も高級な感じがする。
C子さんは81歳、水族館大好き、杖持参。

そして50代の二人で出発した。

10時過ぎなので電車は空いていて、各駅、急行と乗り継いで
目的地着。おしゃべりしていてあっと言う間だった。

先ず先に食事をしましょうという事になりイタリアンに決定。
サラダ、ピザL2枚、アラカルトで1品、をシェアして食べる。
もう同年代のお友達といるようで、皆さん良く召し上がる。

そして水族館、疲れも見せず歩き回りA子さんは携帯のカメラで、
B子さんはピンクのデジカメで撮りまくる。
50代の2人は杖を持って後ろを歩き「凄いね~」
お魚やイルカのショーを見て
B子さんに記念撮影までしていただいて外へ出た。

一休みしましょうとカフェに入ったら
ガトーショコラのアイスクリーム添えなど召し上がる。

とにかくみんなお元気で全てが若い。
誰も耳が遠くない。健啖家である。杖はいるけれど
歩くのは大丈夫。
カメラ付き携帯もデジカメも使いこなしている。
外見や身のこなしがお年よりなだけ。
頭がしっかりしているという事は凄いことだな~と
つくづく感じた。

実際に出かけてみて楽な行程だったので、
母と一緒に行く事も不可能ではないと思っていたら
友人が何気なく言う。
「ストレスが発散できるのはその日だけで、
他の日まで影響を及ぼしてくれないのが辛いところね」

そうなのよね。
連れて行きたいのは自己満足なのか。
薬を使わず、穏やかに暮らすには何が有効なんだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 01, 2006

シーズン到来

パンジー・ビオラの種蒔きシーズンの幕開けで
8月19日に最初の種蒔きをした。

今年は花の子たまたまさんから
フルーナの種を30度ぐらいでも発芽しますとアドバイス付きでいただいたので
蒔いてみた。

3日ぐらいで発芽したが、色によってぞっくり出た物もあれば
ちょっと芽が動いたけれど、かびた物もある。
同じように蒔いて、同じように管理してもいろいろなの。

シーズン終わりに必死に種取をした結果の大量の種と、
お向かいさんにあったお花の種(取らせてもらった)と、
カタログを見ていて最小限買ったつもりの種と、
去年より大量の種を前にして悩んでいる。

昨年咲かせてあまり好みでなかった花もあるけれど
種まで取って其の侭は気の毒な気がする。

私の考えているお洒落な庭からは遠くなるけれど
多種類を少しずつ蒔いてみようか。
パンジー・ビオラの魅力は素人がやっても
ちゃんと育って綺麗に咲いてくれるところだと思う。

今夜も少し蒔かないと間に合わない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

出かけられるかな?

お向かいさんから、「水族館に行かない?」と誘われた。

彼女はヘルパーさんを頼んで色々なところへ出かける
前向きなおばさまだ。子供をあてにしないのはご立派。

余裕がない私は、「あらいいわね」と言ってそのまま家に帰って考えた。
そうだ、ママを連れていかれれば、どんなに良いだろう。
母のストレス解消が出来て、私も楽しめる。
だって、オババ様2人に若いもん(私達)が2人付くわけで、
1人で母を連れて出かけるのが困難でも、これは出来そうな気がした。

時刻表を調べ、水族館のHPを覗き、かなりその気になってきた。

現地集合にしてもらって、自分がホームへ行き、
母に外出の支度をさせて出かける。
お昼は不要になるからホームに事前に連絡をし、
何よりも先ず母の調子を聞かないと駄目だ。

考えている内にどんどん胃が痛くなってきた。
どうも意気地がない。
お互い面識がないのは母とヘルパーさんだけなんだし、
ヘルパーさんはプロだし、うまく行きそうな感じはするのに
あれこれ考えてしまう。

さらっと出かけて、駄目だったら帰ってくればいい話なのに
私は完璧主義の嫌な奴だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »