« あ~ァ | Main | 一旦、解決か? »

August 28, 2006

不安

今日こそ母のところへ行こうと思っていたら、
朝、ホームから電話が来た。
「昨日、Dr.の診察日で薬が出たのを御存知ですか?」

知らなかったので聞くと
「グラマリールが出ているのだけれど、あなたに聞いてからと思って
飲ませていません」

おー、何なんだと思って午後出かけてきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グラマリール
主な作用 : この薬は、脳の中枢に作用して、脳梗塞後遺症に伴う攻撃的行為、
        精神興奮、徘徊、せん妄などの症状を改善します。
        また、パーキンソン症候群による筋肉のこわばり、
        無動(動作がにぶく、遅くなる)などの症状にも効果があります。

アルツハイマーで 情緒不安定で幻覚、妄想といった陽性症状がある場合にも
使われるそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何回も言っているように、母の暴力、暴言は根拠のない幻覚、妄想とは違う。
歌をいい加減に歌う人に「音程が違っている」とか、「へたくそ」とか言ってしまう。
割れがねのような声の人が大声で歌うと「うるさい」と言いに行く。
言われた相手も怒って言い返すので、手が出てしまう。

そして母を興奮させようと煽る人もいる。
だから表面には母の暴君ぶりだけが目立ってしまう。

今日ホームの人に
「母だけが薬を飲めば解決することですか」と聞いてみた。
「そうは思わないのでDr.に電話して聞いてください」ですって。

何か変だな。
ホームとDr.が相談して、家族の了承を受けて処方するのではなく
ナースとDr.が相談して、無断で薬を出す。

ここで、又介護と看護がぶつかり合っている。

この間事件になった性的暴言ではないが、
ホームで起きている事は藪の中なのだ。
当事者どうし、痴呆なので、その時わかってもすぐに判らなくなってしまう。
だから正確な事はわからない。

健常で入居している方にも聞いてみたら、
「ママが何かしたって、相手も痴呆なんだからお互い様よ」
この一言で救われる。

でも私に無断で何か薬を飲まされそうで不安で仕方がない。

帰りに車の中から見ると、母が玄関のガラス戸にくっついて
手を振っていた。
もしかしたら、何か言おうとしていたのかしら。
助けて欲しかったのかしら。

妄想がふくらんでどうしようもない。

|

« あ~ァ | Main | 一旦、解決か? »

Comments

毎日不安でしょうね。
この文章からだけの判断ですが

>「昨日、Dr.の診察日で薬が出たのを御存知ですか?」
>知らなかったので聞くと「グラマリールが出ているのだけれ>ど、あなたに聞いてからと思って飲ませていません」

私の父が医者だったせいかもしれませんがこの人は医者の診断をどう思っているのでしょうか。医者は飲ませていると思い
患者に聞いてから飲ませるというのであれば自分の責任はどこにあるのでしょうか。いつも見ていない医者がグラマリールを
だしたのはなぜでしょうか。介助者からの報告が判断基準になっていないでしょうか。

「突然おまえの歌は下手だ」「プロでないから気持ちよく歌って何が悪い。」喧嘩になる。

痴呆症だからお互い様というのは納得できないと感じます。

はっきり「あなたの意見は正論であっても今お引き受けできない。管理出来ない」というのも責任だと思います。
また家族の方には、このような協力をお願いします。とかそうすればあなたが不安になることは無かったと感じます。

はっきり言われて腹が立っても不安ではなく提案ができるようになるのではないでしょうか。

医者にあなたの不安をおっしゃってはいかがでしょうか。
中には死亡診断書を書くだけの人かと癪に障る人もいました。
でもこの場合は不安は大きなストレスに違いありません。

心配であれば検診の度に連絡をこちらから入れるとか不安解消の方法があるのではないでしょうか。

文章外にいろいろなことがあっての結果だと思います。
どうぞ睡眠を十分にとって心身を休めてください。

Posted by: mohyo | August 28, 2006 at 11:46 PM

mohyoさん、ありがとうございます。

いろいろあっても、「暫く家に帰します」と言えないのが
哀しいです。

何か、「ここしかない、ここで頑張ろう」というより、
「どうしよう、どうしたら良いだろう」と浮き足だってしまうのです。
ホームで暮らすのも大変です。

>「あなたの意見は正論であっても今お引き受けできない。管理出来ない」
と言うのは誰が誰に言うのですか?

>介助者からの報告が判断基準になっていないでしょうか

これはナースの意見だけで、ケアスタッフは薬の使用に反対です。
スタッフとナースの関係の悪さも不信感を増す材料なんです。

Posted by: mitsu | August 29, 2006 at 12:39 AM

mitsuさん、いつもありがとう。
風邪でダウンしてるのだけど、ちょっと覗きに来ました。
うちの母もホームでときどき興奮する。
だから神経内科から処方されたリスパダールを
渡してあります。ほとんど夜飲ませるので、飲ませたときは
翌日連絡が入ります。
グラマリールは効くけど、飲み続けるとこんどは無気力、
そして動けなくなるから、注意です。
薬が出るときってナースとDRで決めてるのはうちのホームも
同じ。ただ私がうるさいのを知ってるので、ナースからは
説明の電話が必ず入るけど。
確かに薬で静かになるけど、最後の最後の手段にして欲しいですよね。

Posted by: ygracia | August 29, 2006 at 09:16 PM

ygraciaさん、こんなところに遊びに来ていて大丈夫。

同じ立場なので、ご意見が伺えると本当に嬉しいです。
私もグラマリールの事、ネットで調べました。
年寄りのような弱者に投与した場合の思いがけない作用についても
考えて欲しいのです。
本人が正確に体調の異変を伝えられない訳だから、慎重に慎重に考えて欲しいです。

母を煽って喧嘩させている底意地の悪いばあさま達にも穏やかになる薬を1服処方していただきたいと思ったりして・・・

早く元気になってね。

Posted by: mitsu | August 29, 2006 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/11641700

Listed below are links to weblogs that reference 不安:

« あ~ァ | Main | 一旦、解決か? »