« July 2006 | Main | September 2006 »

August 28, 2006

一旦、解決か?

昨夜は妄想が湧いてきてどうしようもなく薬を飲んで寝た。

今朝は9時になるのを待って、Dr.に電話を入れる。

前に私が相談していた精神科医から返事が来た事。
そのアドバイスにより薬を出した事。
ご家族の承諾を待っている事等
Dr.から直接説明があった。

私も、スタッフとナースの意見が違う事。
スタッフはケアをいろいろ考えてくれている事。
それが、なかなか進まず、効果があがっていない事。
スタッフも私も薬は最後の手段だと考えている事。
などお話した。

Dr.は何かあったら直接電話して欲しいと言われた。
ナースやスタッフを通すと伝言ゲームのように違ってしまうそうだ。

午後ホームに電話すると
朝Dr.からお薬保留の指示がナースにあったと言って
リーダーは機嫌が良かった。

又、どうかかわっていくかの話し合いを持ちたいねという
話も出た。
誰も傷つけず、母がホームで暮らせる方法を
一緒に考えていきたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

不安

今日こそ母のところへ行こうと思っていたら、
朝、ホームから電話が来た。
「昨日、Dr.の診察日で薬が出たのを御存知ですか?」

知らなかったので聞くと
「グラマリールが出ているのだけれど、あなたに聞いてからと思って
飲ませていません」

おー、何なんだと思って午後出かけてきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グラマリール
主な作用 : この薬は、脳の中枢に作用して、脳梗塞後遺症に伴う攻撃的行為、
        精神興奮、徘徊、せん妄などの症状を改善します。
        また、パーキンソン症候群による筋肉のこわばり、
        無動(動作がにぶく、遅くなる)などの症状にも効果があります。

アルツハイマーで 情緒不安定で幻覚、妄想といった陽性症状がある場合にも
使われるそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何回も言っているように、母の暴力、暴言は根拠のない幻覚、妄想とは違う。
歌をいい加減に歌う人に「音程が違っている」とか、「へたくそ」とか言ってしまう。
割れがねのような声の人が大声で歌うと「うるさい」と言いに行く。
言われた相手も怒って言い返すので、手が出てしまう。

そして母を興奮させようと煽る人もいる。
だから表面には母の暴君ぶりだけが目立ってしまう。

今日ホームの人に
「母だけが薬を飲めば解決することですか」と聞いてみた。
「そうは思わないのでDr.に電話して聞いてください」ですって。

何か変だな。
ホームとDr.が相談して、家族の了承を受けて処方するのではなく
ナースとDr.が相談して、無断で薬を出す。

ここで、又介護と看護がぶつかり合っている。

この間事件になった性的暴言ではないが、
ホームで起きている事は藪の中なのだ。
当事者どうし、痴呆なので、その時わかってもすぐに判らなくなってしまう。
だから正確な事はわからない。

健常で入居している方にも聞いてみたら、
「ママが何かしたって、相手も痴呆なんだからお互い様よ」
この一言で救われる。

でも私に無断で何か薬を飲まされそうで不安で仕方がない。

帰りに車の中から見ると、母が玄関のガラス戸にくっついて
手を振っていた。
もしかしたら、何か言おうとしていたのかしら。
助けて欲しかったのかしら。

妄想がふくらんでどうしようもない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 24, 2006

あ~ァ

昨日、どうしても奥歯が気になって歯医者に行った。
歯が浮くんです。(お世辞を言われた訳ではありません)

先月と今回のレントゲン写真を見て、ドクター曰く
「特にわるいとこありませんね。
体が弱っているんじゃないですか?元気ないし」

何だか気が抜けてヨロヨロ帰って来た。

暗示にかかりやすい私は、すっかり弱って死にそうだ。
どうしてくれるのよ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 14, 2006

憑き物が落ちたの?

昼頃、母から電話があった。
「お金受け取ったわ、ありがとう」
エ~~~~
思わず、
「今度行くときまで、それで凌いでね」と言ったら

「凌ぐわけね、終戦記念日も近いしね」

何があったか判らないが、憑き物が落ちたみたいに
穏やかで・・・・・どうしちゃったの。

今週は行くつもりだけれど、
感情の起伏はジェットコースター並だから
どんな時に遭遇するのかしら。

穏やかだけれど変な事も言っていた。
「現金書留を開封してあったのよ。
おかしいじゃない、あなた何故こんな事するのか聞いてみて」

それは、1度受け取って開封したときにお友達に侮辱されて激怒し
こんな物いらないわと事務室に返しにいったからでしょう。

スタッフの話だと経緯はこうだけれど完全にお忘れのようだ。

今、私は気分が良い。

「ご病気なんですから」と言われても、
それは重々承知していても、責めつづけられると
かなりのダメージがある。

さあ、体調を整え、今週こそ会いにいってこよう。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 13, 2006

気鬱じゃ。

母に送ったお金の件は拗れてしまって
収拾がつかない。

昨日行くつもりで、ホームに電話をしたら
「今日は大変よ!警察に届けるって騒いでいるから来ないほうがいい」

カードは無くなっていないのにね。
前回は銀行に届を出されて下ろせなくなってしまったし、
今度は捕まっちゃうのか。

以前、丹羽文雄のお嬢さんが実母に訴えられた話を読んだので
「あァそう」って感じだけれど、切ないね。

何故自分のお金を自由に出来ないのか、
猛烈に腹をたてているのがわかっているだけに、
理路整然と責められると本当に辛く
返す言葉に窮してしまう。
こういうときの母の頭は明晰なんですから。

母の事意外にも、心配事があって、
鬱々として、気が晴れない。

仕事も遅々として進まず、督促メールを恐れながら
ボンヤリ過ごしている。

あ~駄目だ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 10, 2006

オレオレ詐欺?

今、たった今電話が鳴った。

「・・・・・・・お母さん」
「はァ?」
「・・・・・・・・」
「どなた?」

元気に
「今野さんではないですか?失礼しました」

何これ。

始めは思いつめたように言いよどんでみたりして。
家の子はお母さんとは呼ばないのよ。
残念でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

やだね

母に電話をしてお金を送ったことを伝えた。

始めはご機嫌だったのに途中から険悪になってしまう。
「カードと通帳しらない?」
「あなたが持っていったのは判っているのよ」
「どうしてそんな事するのよ!」
この辺になると身震いして不愉快がっているのが伝わってくる。

「なんで私が隠しておいたのに持ち出すの」

1度もホームに持っていってないのだけれど
どんどんストーリーが出来てくる。
専門用語だと作話ってことかしら。

私は、いつまでたっても、この返して返してに
ダメージを受ける。もう嫌だ嫌だ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 09, 2006

処分見直し

性的暴言の特養「さくら苑」、処分見直しで施設長解任 

東京都東大和市の特別養護老人ホーム「さくら苑」で、男性職員が女性入所者(90)に性的暴言を浴びせた問題で、さくら苑を運営する社会福祉法人「多摩大和園」は9日、当初の処分内容を見直し、玉川桜子苑長を同日付で解任して本部付とし、男性職員2人も最終的な処分決定まで自宅待機とした。

問題発覚後、同法人は玉川苑長らを減給に、職員を5~7日の出勤停止処分としていたが、批判が高まり処分を見直したとみられる。

今後、苑長を兼任する足利正哲常務理事は男性職員2人について「介護の現場には戻さないだろう」とした。

また、第三者で作る人権侵害調査委員会と内部の改革委員会を新たに設置し再発防止を徹底するとした。
                         (読売新聞) - 8月9日20時48分更新

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは当然でしょうね。
休職7日と5日なんて、同僚から
「夏休みの時期なのにローテーションどうするのよ!」
ぐらいの効果しかないと思っていた。

介護の現場で働く方のblogに

きつい仕事なので、楽しく冗談言いながらこなしているのに
録音するなんて、酷い家族だね。

というのを見つけて、目を疑ってしまった。

この仕事を選び、就労して、充分ではないだろうけれど
対価も得ているのに、人を人として見ずに辱めて恥じないのは何故だろう。

誰も見ていなくとも・・・
という事を考えた事はないのかしら。

そして、相手がいたから会話があり録音できたけれど、
1人で介護している場合は判らない事に慄然とする。

以前、生爪を剥がして逮捕されたヘルパーさんがいた、
ネコに罪をかぶせた誰かもいた。

家族が行き詰まって何かしてしまうのとは根本的に違う。
私怨や憂さ晴らしの為に弱者と自分の仕事を
貶めるのは止めて欲しい。

母のホームも毎月の記録がなかなか送られてこなくなった。
1枚か2枚の毎日の記録。
毎日、「お変わりありませんでした」でも
「ご機嫌よくお過ごしでした」の繰り返しでもいい。
そんな簡単なものでも、毎月送られてくると、
「A様と音楽室でお歌をうたっていらっしゃいました」や
「**まで外出アクでお出かけになり楽しそうでした」で
情景が浮かぶ。
リーダーが変わって、行事予定も何も送られて来ない。

家だけかな?スタッフ達に嫌われたかな?

忙しいのだと考える事にしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

August 08, 2006

悩ましい事

ここ2週間ぐらい、又ママの返してコールがかかってくるようになった。

スタッフにお買い物を聞くと、ストッキングとお菓子で1400円とか、
夜店で使ったとしても???

やはり母の財布に3000円しか無かったのだから、
何処かで1万円札をくずして、足してくれば良かった
と後悔した。

今日、どうしてもホームまで行かれないので、
リーダーに電話してみた。

待っていたように事情を話してくれたが、
又誘う人がいて、通販で7分袖Tシャツ3枚とパンツを買ったそうで・・・
注文した事も忘れるママは支払えない事に慌てふためき
「返して、返して」になるわけだ。

誘う人は同じ方で「かなりおわかりにならなく」なっている。
あ~~やんなっちゃう。
そして、ご家族の方は「母の好きなようにさせています」
とおっしゃるそうで、お手上げ。
着ないTシャツとパンツは前回も同じ組み合わせだったから
6枚と4本?
絶対に着ないものを買うのだから、お付き合いでしかない。
相手の方はご自宅が近くてよくお帰りになるので、
「通販はご自宅でしていただきたい」と言えたら
どんなに楽になるだろう。

初めて現金書留で母にお金を送った。
良いこととは思えないけれど、
行かねばならぬという重圧に負けてしまった。
ホームでは今回の母の支払い分は利用料金等と一緒に
口座引き落としにしてくれたので解決済みだが、
すぐに支払えなかった負い目が残ってしまったのか
返してコールがやまない。

切ないわ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 07, 2006

バトン初優勝!

もう信じられない!おめでとうホンダ!

最初からというか、フリー、予選から大荒れのレース。
しかし、最後に勝ったのはホンダのバトン

最後の何周かは、壊れませんように、止まりませんようにと
祈りつつ、チェッカーの時には座りなおして見ましたよ。

あんなに調子の悪かったマシンが、ここまで復活して・・・
おばさんは嬉しくって、息子しか喜びを分ち合う人はいないので、
F1関連のサイトを見て回り、blogを読み、
地上波はまだなので、控えめに書いてみました。

バリチェロも4位、琢磨も14位、完走
次のトルコGPが楽しみというか、怖いというか、待ち遠しい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 06, 2006

やっぱりと言っていいのか

朝日の朝刊の記事

特養入居者に性的暴言 東京・東大和

前に「犯人はネコか?」の時も感じたけれど
入所者が物事を正確に伝えられないのだから
防ぎようがない。

なるべく頻繁に家族が顔を出すとか、始終連絡をとるとか
この入所者には常に気にかけている家族がいるという事を
絶えずアッピールするしか手はないのか。
煩い家族になるわけだ。
おかしいと感じても、証拠がつかめないと家族も発言が出来ない。
今回は動かぬ証拠を突きつけたから表に出たけれど
形を変えた被害は沢山あると思う。

そしてその処分は驚くほど軽いので、
今度はレコーダーやカメラに注意しようとしか
思わないのではないか。

しかし、介護のblogで出会う介護に携わる人は、
皆まじめで前向きで研究熱心なのに
この落差はどうして出てくるのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 02, 2006

元気なのだが

昨日、今日と午後に頭痛薬を飲む程度で元気なのだが
いまいちやる気が起きない。
Dsc01673

原因はわかっている。
又、母の所へ行くのを日延ばししているのだ。
あまりいろいろやろうと計画するから行かれなくなる。
気軽に行けばいいのにバカだね。


デパートの夏物バーゲンに連れていってあげたかったんだけれど
今日で終わりだし、
週末は又夜店があるというので良しとするか。

ホームへ行くとスタッフの人が
「あなたの来るのを待っているのよ」と言う。
待たれないのは寂しいけれど、待たれるのも重い。
複雑だわ。

気分を変えて洗濯をした。

写真はつるのない朝顔「サンスマイル」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

食育って、

久しぶりにぴょんすけさんからです。

***************************
母の病院での食事風景です。

ひどく食べさせにくい人がいるのですがある日介助についた人は、
体育会系の乗りでやっているつもりでしょうが
人がいないと叩くのではと思えるようでした。

口に入れたまま喋るので
「黙ってゴックン ゴックンして。」と介助の皆さんは
おっしゃっています。
傍にいると患者さんのリズムにあっていないようでした。
時間内にいくつも仕事をこなされている皆さんに
こんなことを言うのは申し訳なくも感じています。

母のときにも感じたのですが
食事の最中に「じゃあ、これも食べてみようか」と
水羊羹を口に入れた方がありました。
こんなことしておいしいかなあと思いました。

食べさせにくい人は喜美さんというのですが喜美さんのところに来て
「どうしよう、水っぽいものから行こうね。水羊羹 それから ヨーグルト・・・・・さあお粥いけるかな」
野菜などのおかずには行かないようでした。
あるクスリを手際よく口に放り込むというのか餌をやるというのでしょうか。
若い人の味覚がお粥とおかずの方がおいしいという感覚 ではなく
甘いものやデザートがおいしいと感じるのでしょうか。
(今はその方に会わないので場所が変わったかやめられたのかもしれません。)

丁寧に順番にしてくれる人(私もこのように食べるという順番)にはおばあさんがいました。
介護師さんになる方にはおばあさんがいたり、お家の方が病院関係の仕事をしている人など
信頼できる人の方が多いと感じています。
しかし家庭環境で食育がいい加減な人がヘルパー
になるとこんなところで露呈する感じを受けました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 01, 2006

運動量の目安

少し前に、メタボリックシンドローム関連で運動量の目安が出ていた。

中高年の運動は1週間に23個以上やれば良いという。
表を見るとこれをやれば1個という単位がわかる。

運動はしないので、日常生活の方を見て考える。

歩行20分・・・買い物は歩いていく。片道5・6分。
自転車15分・・・全然乗れなくなった。
子供と遊ぶ15分・・・遊んでくれない。
階段昇降10分・・・外出すれば登るかなと思ったがエスカレーターを捜すだろうな。
重い荷物を運ぶ7、8分 ・・・腰を痛めないようにしないと。
床掃除20分・・・図を見ると雑巾がけ。ダスキンでちょいちょいじゃ駄目でしょう。
洗車20分・・・20数年に2・3回
庭仕事15分・・・これは15分でなんか済まない。やる時はエンドレス。

こんなアバウトなものを
厚労省は、7月中に新基準を決め、フィットネスクラブなどの業界団体に働きかけて全国に普及させたい考えだ
という。
この間の雨が続いた時は買い物にも行かず、庭仕事も出来ず、
家の中をうろうろしていただけ。

これでは、アバウトだなんて批判も出来ないし、
健康にも美容にも悪い。
せめて部屋を片づけ、掃除に励めば良かった。
まだ暫く涼しいらしいから、掃除、掃除、
もう何十点でも稼げるほどの量だわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »