« 出来ない相談 | Main | 素敵なドレス »

May 09, 2006

無知だった

先日、精神科医がふともらした一言。

「怒りっぽいのは、アリセプトの副作用かもしれないから」

え~、副作用で怒りっぽくなるなんて知らなかった。
ホームの内科医も知らなかったのではないかと思う。
何故なら、アリセプトはそのままで、他の薬を飲ませようと考えるだろうか。

どうしてこの老人が増えている現実に対して
自分は専門ではないからなんて言えるのだろうか。

母の家の近所の医者も
「お母さん、僕は診れないよ、専門が違うから」
専門家は専門だけ判れば良い訳ではない、開業しているなら
もう少し勉強してもいいではないか。
老人ホームの提携医なら老年精神医学をもっと勉強してください。

家族が(素人が)ネットで検索すればわかるようなことは
知っていて欲しい。
こんなに詳しいサイトもあるのに。

私はアリセプトの副作用については、
お薬110番で読む程度のことしか知らなかったし、
「病気の進行を遅らせなければ」とだけ考えていた。

とにかく専門医に診てもらわないとわからないので、
私は頑張って母を受診させなければならない。

|

« 出来ない相談 | Main | 素敵なドレス »

Comments

今晩は。
コメントを頂いていたのを、さっき気付きまして。。。ブログ機能を扱えていないようです、、、手違いでした。スミマセン/謝///

アルツハイマー病ですか。。。
確かに怒りっぽくなったのには、副作用もあるかも?
でも、それだけで済ませる問題ではないようです。。。
クスリと言う事で片付けるのは、いかにもお医者様的な発想ですな・・・

何で怒るのか?

そこにキーがあるような・・・

アルツハイマーと言う病気。いわゆる認知症と言う病気に共通的に起こる症状に、怒りっぽくなると言うのがあります。
何故、怒りっぽくなるのか。。。

忘れるからです。

そして怒る行為は、その忘れて行く恐怖と戦っている姿だと、僕は思います。
タフに懸命にアルツハイマーと戦っているのです。

僕達専門職がやるべきは、側に寄り添い、怒る行為を受け入れ、何をしようとしたのか探り、その行為を手助けをすることです。それをすると、怒る行為は無くなるのではなく減るかも?です。

パーソンセンタードケアと言うのが,認知症のケアに有効だと言われています。もし良かったら、調べてみてください。(リンク貼ろうと思いましたが、出来ませんでした)
本当は、家族が調べるのではなく、職員が調べ実践するべきなんでしょうけど、、、

介護の世界はやっと専門的にやらなければと言う考えになってきました。言い訳に聞こえるかもしれませんが、これから、家族や利用する本人が満足する質の良い介護を提供できるようになると、思います。
それまで、待てるのか?と言われると胸が痛いですが、、、頑張ります。。。

Posted by: マー | May 10, 2006 at 11:39 PM

マーさんこんばんわ。
パーソン・センタード・ケア初めて聞きました。
「その人が中心のケア」すごく良くわかります。

教えてくださってありがとうございます。
この事について又書きますので、読んでいただければと思います。
愛知県は進んでいますね。

介護者の技術(良い意味で)によって介護される側は劇的にかわります。
祖母の時に実感しました。
マーさんのように勉強熱心な方ばかりだと、当事者も家族も幸せです。
いろいろ教えてくださいね。

Posted by: mitsu | May 11, 2006 at 12:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/9971283

Listed below are links to weblogs that reference 無知だった:

» アリセプト(アルツハイマー病治療薬) [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「アリセプト(アルツハイマー病治療薬)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年5月10... [Read More]

Tracked on May 11, 2006 at 07:20 AM

« 出来ない相談 | Main | 素敵なドレス »