« 素敵なドレス | Main | どうにも駄目な日 »

May 11, 2006

実り多い日

水曜は受診予約をする日。
でも電話が出来なくて、午前はパス、
午後7時終了間際に電話を入れた。

母を病院に連れて行く事は、行かねばと思っていても
なかなか難しくて、気分が萎えてしまう。
1日鬱々としていた訳で。

しかし、精神科Dr.は素晴らしい。
電話をしたら、へこんでいた私まで救済された。

要約すると、
無理に受診させなくても良い事。
鎮静剤?等薬の効果は期待出来ない事。
アリセプトの副作用も考えたが、違うのではないか。
怒るのには原因があるわけだから、
周りの対処の仕方が変わったのではないか?等

難問が回避できて(先延ばし?)
ホっとした私はもう1度ホームのリーダーに会って
話をすることにした。

そして、先日の「無知だった」にコメントくださったマーさんからも
同様のご意見をいただいた。
マーさんはプロの介護福祉士さんなので説得力がある。


|

« 素敵なドレス | Main | どうにも駄目な日 »

Comments

こんにちは。先日「明日の記憶」と言う映画を観てきました。ぜひ、観て頂きたい映画です。。。以前のブログでこの映画のことを書いてらっしゃったので、もしかしたらもう観られたかもしれませんが。。。

少しでも力になれたらと思っていますが、実際、僕が介護をする担当でもないのに、横槍をいれておこがましいのでは、、、
無理はなさらずに、頑張るのは僕らプロの役割ですから。そのプロが投げ出していたら困りものですが…

プロとは言うものの、現場ではほとんどが失敗の連続です。海千山千のお年寄りは、一筋縄ではいかないようで…流石に人生の達人だと感心してしまいます。あの手この手を考え出して、それでもその上を行かれてしまいます。。。それが楽しくてしょうがないのですが。

愛知県のセンターの所長は、認知症研究のパイオニアだそうです。以前、講習でお話を聞いた時ですが、非常に認知症を分析されておられました。また、その所長が言うには、近い将来にアルツハイマー病を撲滅させる!!と、宣言しておられました。頼もしい限りです。

これから暑くジメジメした季節となりますが、お体には気をつけて下さい。。。

Posted by: マー | May 15, 2006 at 05:31 PM

マーさん、ありがとうございます。

現場はサービススタッフとナースの間に溝があるらしく、
今回のことではっきりくっきり見えました。
スタッフは母の行動をケアの目線で見ているのに、
ナースはいちいち問題視するのよね。
Dr.まで意見書かくほどではないと思ったんですがと言うんですよ。

「明日の記憶」は微妙です。
原作の雰囲気、特にラストがいいので、映画になるとどうなんでしょ。
それに、映画の宣伝をする渡辺謙さんが熱すぎて、ちょっと・・・

Posted by: mitsu | May 16, 2006 at 12:14 AM

看護と介護は、考え方が根本的に違うようです。介護は、生活と言う観点を重視して、問題が何に起因するかを探り、どーやって穏やかに過ごしていけるかを検討していく考えを持ちます。
看護は、基本的には病気を治すという概念があります。治療、治癒と言う観念があるので、問題を病気と結び付けて考え、対応しようとする考えを持ちます。

看護の考え方は、別に悪くはないのですが、あくまでも病院を意識して仕事をしている風に感じます。老人ホームは、病気はもうこれ以上治らない、病院にいてもしょうがない(言葉に御幣がありますが)、と言って退院した方がやってくるので、看護師達にとっては、非常に扱いが難しい世界でもあるようです。ただでさえ、看護から見ると介護は専門性の欠片のない集まりと、未だに思われてるようで、、、

ですが、介護の人達の目は違います。何とかして老人を、制約のない普通の生活が送れるよう考えなくてはなりません。つまり、介護は生活援助のプロフェッショナルです。そんな人々の視点はとてもダイナミックです。おそらく、医者や看護師には想像も付かないような技法で、お年寄りを生き返らしてしまいます。なので、医師や看護に携わる人々には、あまり理解されません・・・
観念が違うのですから。。。

きっと、ホームには一人はいます。死にそうな目をした老人に、百万ボルトの輝きを灯す、介護士が。。。
僕はそう信じています。

と熱く語ってしまいました。。。

映画は、ラストはとても切なかったです。もしかしたら、職業的な見方をしたからかもしれません。映画館を出るとき、老夫婦が、ラストがちょっと…と言ってましたが。。。
もし、僕が介護の仕事をしていなかったら、見方が違ってたかもしれません。。。

夜分遅くに失礼しました。。。

Posted by: マー | May 16, 2006 at 02:57 AM

そうか!
介護と看護の違いね。
妙に納得できる。

看護の方は介護の方の意見を尊重していないように思うのは
考えすぎかしら。

Posted by: mitsu | May 18, 2006 at 11:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/10013370

Listed below are links to weblogs that reference 実り多い日:

« 素敵なドレス | Main | どうにも駄目な日 »