« 予定変更 | Main | 種蒔き 2005-1 »

May 22, 2006

買物は難しい

少し晴れ間が見えたので、母と近所にお買物に行ってみた。

スーパーの2階で靴下と部屋履きを見ようかということになり
駅までの上り坂を登っていく。

疲れたのは私かな。
母、元気。

最初にストッキングを見る。
ショートストッキングがいるのかと思ったら、
普通のパンストも欲しいという。
おまけに柄物も1足買った。

次は口紅が無くなったというので
テスターで色を見てもらう。
これは駄目だった。
意味がわからないようだ。
その上、ちょっと目を離したら、
両手がギトギトになっている。
何をしたんだかわからない。(聞いてもわからない)

口紅は断念してスリッパを見る。
いいのはなかったし、本人も関心なし。

最後はブティックのバッグにつかまった。
1つはやめさせた。
次のは安かったのでどうしようかな?と思っただけで
気持ちを読まれてしまった。

レジで「自分のお金で好きなもの買って悪いわけ?」
と言いながら、
レジの横にあったバッグも一緒に買った。

店員さんは困ったように私を見ている。

帰り道は疲れて何処かに座りたくなった。
お茶を飲もうかなと思ったが、それも面倒。

ようやくホームに辿り着いたら、
早速、仲良しさんにおみやげをお持ちしなければと騒ぐ。
バッグはさすがにあげたくないらしくて躊躇している。

仕方ないのでストッキングをさしあげたらと言うと、
しばらく考えてから持っていった。

以前も同様なことがあったが、
母は何を買ってきたかも忘れ、お土産を渡したことも忘れる。
だから何回も持っていく。
相手が「もういただいたわ」と言ってくれればいいが
そちらもおわかりにならない方だから物事はうまく運ばない。

彼女たちの頭の中には一緒に行かれなかった人に
おみやげを買いたいという気持ちが常にある。
それは麗しいのだけれど、正直、困ったものだと思っている。

帰りに事務所でお買い物は疲れると言ったら
そこにいたスタッフも大変ですと同意し、
買い物全部がおみやげで本人のものがなかったなんて話もしてくれた。

気晴らしにデパートに行こうと思っていたが
簡単なことではなくなった。

|

« 予定変更 | Main | 種蒔き 2005-1 »

Comments

こんばんは
ご心配おかけしました。感謝でーす。
私のママも、やはり 誰かに何か差し上げたくて
仕方ないほうです。人との付合い上の義理もあって、
「なにかお返ししてくれた?」と、ずいぶん前の頂き物のことを
何度も言います。
新聞の広告を折って、箱を作るのですが、毎日の作品は
需要を上回り、部屋中あふれています。
看護婦さんもヘルパーさんも、最初のうちは持って帰りました
が、今はダメみたい。
私も会社や友人に配りましたが、喜んで下さることは正直
少ないです。(>_<)
お母さまの、自分以外の人に何かしたいというお気持ちは、
よく分かります。 私自身、そう思って選んでいる時間が
とても楽しいのですもの。
 口紅をさされるなんて、お洒落ですね。
ストッキングもちょっと驚きでした。(うちのママもスカート穿きたいかもしれないですね。反省。)
きっと身だしなみを気遣われる、綺麗なお母さまだと思いました。 

Posted by: だんばらぴっぐ | May 24, 2006 at 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/10180887

Listed below are links to weblogs that reference 買物は難しい:

« 予定変更 | Main | 種蒔き 2005-1 »