« April 2006 | Main | June 2006 »

May 31, 2006

シーズンの終わり

昨日、パンジー・ビオラをまとめてみたら、
夢中になりすぎて、過ぎたるは・・・という感じになった。
発芽率の良さに裏切られた感もあるけれど、
今年はもう少しタイトに! と今は思っている。

しかし生来のいい加減さで、きちんと記録を残す事が出来ない。
同じ花を何回も撮ったし、1枚も写真のない花もある。
全種類発芽したのだから、19種類なければおかしいのに、
最後に何と言う名前かわからないものも出てきた。

今シーズン最後の仕事として種取りをしているけど、
これもうまくいかない。
袋をかけてもなかなか熟してくれず、
捗々しい成果は見られない。
種蒔きをしていない時はよく種が弾けているのを見たものだが
何故だろう?
異常気象のせいなのかもしれない。(決めゼリフ)

8月になれば、来春の為に種を蒔かねばならないので、
それまでは、園芸店の本を眺め、手持ちの種を整理して
1年が終わるわけね。

それでも昨年9月から今月まで随分楽しめた。
毎日の生活の中に、苗を買って楽しむのではない庭仕事が
組み込まれて、リズムが出来たように感じる。

母も園芸が好きだと良かったナ。

これはトレジャー・ブルー・ベルベットではなかった。何かしら。
Dsc01810Dsc01804


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2006

種蒔き 2005-19

インプレッション・ミックス : 色々なグラデーションのあるパンジーのミックス種。
                 あまり蒔きすぎたのか、単色が良いなと思った。
                 (10.11播種)サカタのタネ

Dsc01605Dsc01828

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-18

LRプリン : その名の通りプリン。これも沢山あればいいと言う物ではない。
         もうお腹いっぱい。
         (10・11播種)サカタのタネ

Dsc01603Dsc01604

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-17

マロン・ピコティー : あまり発芽しなかったが良いお花が咲いた。
             (10・11播種)サカタのタネ

Dsc01620

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-16

マキシム・マリーナ : ブルーの好きなパンジー。
              遅く蒔いたので小さな苗だったが良く咲いた。
              (10・11播種)サカタのタネ

Dsc01607Dsc01621

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-15

フィオリーナ : サントリーのクリーピング・ビオラ。ブルーホワイトかな。
          もうフンワリといい感じに咲いた。以前苗で買った時はうまくいかなかった。
          (9・30播種)backyardさん

Dsc01608

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-14

ホビット・クリームイエローリップ : 薄い綺麗なクリーム色で多花。しっかりしたいいビオラ。
                      あまりに普通で単独の写真がなかった。↓の黄色の方です。
                     (9・30播種)サカタのタネ・生産地オランダ

Dsc01557

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-13

パンドラボックス : 素敵なビオラで大好き。
             しっかりした株で徒長せずよく咲いた。
             (9・30播種)サカタのタネ・生産地オランダ

Dsc01585Dsc01583


| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-12

スィートローズ : 鮮やかなローズピンクのビオラってあったかしら?謎!
           (9・30播種)サカタのタネ・生産地オランダ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-11

スーパービオラ・ターコイズ : これは最後までどれだかわからなかった。
                   小さな花というけれど・・・
                   (9・30播種)サカタのタネ・生産地中国

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-10

LRアリル・ピーチ : 淡いピンクも良いなと蒔いてみたパンジー。濃淡出た。
             (9・30播種)サカタのタネ

Dsc01602Dsc01558

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-9

トレジャー・ブルー・ベルベット : 深い青紫色に惚れ込んだパンジー。
                   (9・30播種)サカタのタネ・生産地ドイツ

Dsc01577Dsc01616

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-8

デルフト : 好きな花なので期待して蒔いたパンジー。
        でも沢山あると安っぽいというかつまらないというか
        少しだけだと価値があるのね。
        (9・30播種)サカタのタネ・生産地オランダ

Dsc01820Dsc01609

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-7

オーロラ : かなり色幅があるパンジーだけれど家ではクリーム色に
        縁取りのある花しか咲かなかった。
        (9・30播種)サカタのタネ・生産地デンマーク

Dsc01814Dsc01568_1Dsc01572


| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-6

 フリズルシズル・ブルー・シェイド : カンカンとかオルキとかフリフリのパンジーが欲しかった。
                       (9・30播種)サカタのタネ・生産地オランダ

Dsc01563Dsc01569

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-5

 LR アリル ワインフラッシュ : これはパンジーで、赤系が欲しくて蒔いてみた。
                     黄色は色変わり。
                     サカタのタネ(9・17播種)

Dsc01817Dsc01567Dsc01588


| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-4

 アクアマリン : 色変わりせずすっきりしている。
           1枚目はビビと一緒に。
           (9・17播種)スーパービオラ・サカタのタネ

Dsc01570Dsc01829

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-3

ビビ・ピンクアンティーク : 苗で購入したことがあるので
                 ためしに蒔いてみた。とても丈夫。
                 (9・17播種)タキイ

Vv2_1Dsc01614

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-2

 フローレ・ホワイト: たいして期待せずに蒔いたが思いの外綺麗だった。
             色が変わっていくのが美しく、邪険に扱って申し訳なかった。
             (9・17播種)サカタのタネ・・袋の写真が魅力的じゃない。

Dsc01791Fw2Dsc01805


| | Comments (0) | TrackBack (0)

種蒔き 2005-1

春の花も終盤戦。初めての種蒔きの記録です。

 オレンジYTT : ネットのプレゼントに応募していただいたもの。
           これで、種蒔き病に感染しました。
           楽しい世界を教えてくださってありがとうございます。
           (9・17播種)backyardさん

Dsc01780Dsc01781_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

買物は難しい

少し晴れ間が見えたので、母と近所にお買物に行ってみた。

スーパーの2階で靴下と部屋履きを見ようかということになり
駅までの上り坂を登っていく。

疲れたのは私かな。
母、元気。

最初にストッキングを見る。
ショートストッキングがいるのかと思ったら、
普通のパンストも欲しいという。
おまけに柄物も1足買った。

次は口紅が無くなったというので
テスターで色を見てもらう。
これは駄目だった。
意味がわからないようだ。
その上、ちょっと目を離したら、
両手がギトギトになっている。
何をしたんだかわからない。(聞いてもわからない)

口紅は断念してスリッパを見る。
いいのはなかったし、本人も関心なし。

最後はブティックのバッグにつかまった。
1つはやめさせた。
次のは安かったのでどうしようかな?と思っただけで
気持ちを読まれてしまった。

レジで「自分のお金で好きなもの買って悪いわけ?」
と言いながら、
レジの横にあったバッグも一緒に買った。

店員さんは困ったように私を見ている。

帰り道は疲れて何処かに座りたくなった。
お茶を飲もうかなと思ったが、それも面倒。

ようやくホームに辿り着いたら、
早速、仲良しさんにおみやげをお持ちしなければと騒ぐ。
バッグはさすがにあげたくないらしくて躊躇している。

仕方ないのでストッキングをさしあげたらと言うと、
しばらく考えてから持っていった。

以前も同様なことがあったが、
母は何を買ってきたかも忘れ、お土産を渡したことも忘れる。
だから何回も持っていく。
相手が「もういただいたわ」と言ってくれればいいが
そちらもおわかりにならない方だから物事はうまく運ばない。

彼女たちの頭の中には一緒に行かれなかった人に
おみやげを買いたいという気持ちが常にある。
それは麗しいのだけれど、正直、困ったものだと思っている。

帰りに事務所でお買い物は疲れると言ったら
そこにいたスタッフも大変ですと同意し、
買い物全部がおみやげで本人のものがなかったなんて話もしてくれた。

気晴らしにデパートに行こうと思っていたが
簡単なことではなくなった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 21, 2006

予定変更

今日のケアプランのお話し合いは延期になった。

ケアマネさんに子供さんがいらっしゃる為、
土日と夜は駄目なそうで。

ケアプラン・ケアマネさん・・・

そう言えば、ケアマネさんを頼まずに家族がケアプランをたてている
話を読んだ記憶がある。
書類の提出が面倒なだけだと書いてあったような。

母のように老人ホームに入居している人のケアプランは
自宅介護とかなり違うような気がする。
ホームからデイサービスに通う人もいるし、
母にはどんなものが使えて、スタッフからどんな提案があるのか
楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホームにて 4

やっとやっと行ってまいりました。

お花も飾って、喜んでもらって、そこまでよかったけれど・・・

次の難問はお友達に誘われて通販でお菓子を買ってしまった事。

母は「お付き合いで一緒に買ったけれど、
お煎餅好きじゃないから持って帰ってよ」と言う。
お支払いを済ませ、帰ってきたら、夜電話が来た。

「あなたお菓子持って帰った?散々探してないからあなたかと思って」

私 「お支払いもしたからね」

「やだ、どうして?」

もうこちらがどうして?と聞きたいくらいだ。

通販の会社に罪はないけれど、どうやって防げばいいのだろう。
皆、部屋に電話があり、新聞をとり、TVも見る。
ごく普通の生活をおくる、おわかりにならない方々。
誘われれば、お付き合いで買ってしまう、おわかりにならない方々。

まだ母先導で買い物をしたことはない。
欲しいときは私に言ってくる。

ホームだって届いてびっくりだと思うが
防ぐのは難しい。

そして、明日の夜は
母のケアプランの話し合いに参加することにした。
それが良い事か、どうかはわからないけれど、
現場の話を広く聞きたいと思った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2006

どうにも駄目な日

今日は母のところへ行こうと予定していた日だ。

だから朝食の時にドリンク剤も飲んだ。
ホームで頭が痛くなったり目が回ったりを回避するためだ。
しかし少しも行く気にならない。

持っていこうとしていたお花も届いた。
天気は良くないが小雨だし、車だし、
でもどうしても行きたくない。

首、肩、背中、腰、左足、すべて痛い。
首は頭を後ろに倒せないからうがいが出来ない。
腰にはシップを貼り、鎮痛剤も飲み、肩にはおきゅ膏を貼った。

これは風邪だろうな。
一昨日あたりから、体が痛く、めまいまでいかないがふわふわする。
仕方がない。明日出かけよう。

さっさと日延ばししたけれど、
何にもできないまま夕方になり買い物に行って食事を作る。

「パーソン・センタード・ケア」の本も買った。
「痴呆を生きるということ」という本も買った。

それなのに意欲がなくて、まったく読めない。

やっと「痴呆を生きるということ」の方を開き、
アルツハイマー病者の「怯えと不安」、「疲れやすさ」、
「同時進行人間」解体等、読みすすめていくほど
すべて、自分に心当たりがある事ばかりで呆然となる。

やっぱり発症していたのかしらんと思う。
不安だし、怒りっぽいし、同時進行で物事はできないし、
風邪ではないのかも~なんて不安になるけれど、
そのこともすぐ忘れてしまう。

うーむ、これは本物かもしれない。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 11, 2006

実り多い日

水曜は受診予約をする日。
でも電話が出来なくて、午前はパス、
午後7時終了間際に電話を入れた。

母を病院に連れて行く事は、行かねばと思っていても
なかなか難しくて、気分が萎えてしまう。
1日鬱々としていた訳で。

しかし、精神科Dr.は素晴らしい。
電話をしたら、へこんでいた私まで救済された。

要約すると、
無理に受診させなくても良い事。
鎮静剤?等薬の効果は期待出来ない事。
アリセプトの副作用も考えたが、違うのではないか。
怒るのには原因があるわけだから、
周りの対処の仕方が変わったのではないか?等

難問が回避できて(先延ばし?)
ホっとした私はもう1度ホームのリーダーに会って
話をすることにした。

そして、先日の「無知だった」にコメントくださったマーさんからも
同様のご意見をいただいた。
マーさんはプロの介護福祉士さんなので説得力がある。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 09, 2006

素敵なドレス

2年前位に特報首都圏で見たニットやさんが
素敵な外出着を作っている。

前はこんなに素敵ではなかったと記憶しているから
きっと需要があって改良されたのだと思う。

体型が変わり着る服がなくて孫の結婚式等に列席できない
お年よりに希望を与えてくれるドレスだ。

メーカーHP・テルタ・ニットの世界

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無知だった

先日、精神科医がふともらした一言。

「怒りっぽいのは、アリセプトの副作用かもしれないから」

え~、副作用で怒りっぽくなるなんて知らなかった。
ホームの内科医も知らなかったのではないかと思う。
何故なら、アリセプトはそのままで、他の薬を飲ませようと考えるだろうか。

どうしてこの老人が増えている現実に対して
自分は専門ではないからなんて言えるのだろうか。

母の家の近所の医者も
「お母さん、僕は診れないよ、専門が違うから」
専門家は専門だけ判れば良い訳ではない、開業しているなら
もう少し勉強してもいいではないか。
老人ホームの提携医なら老年精神医学をもっと勉強してください。

家族が(素人が)ネットで検索すればわかるようなことは
知っていて欲しい。
こんなに詳しいサイトもあるのに。

私はアリセプトの副作用については、
お薬110番で読む程度のことしか知らなかったし、
「病気の進行を遅らせなければ」とだけ考えていた。

とにかく専門医に診てもらわないとわからないので、
私は頑張って母を受診させなければならない。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 03, 2006

出来ない相談

私がぐじぐじ書き連ねるものだから、

「施設はそこだけではありません。他にもありますよ。
移動も含め考えてみてはどうですか」
とのご意見をいただいた。

よほどの事がなければそれは出来ない相談だ。

母が居るのは、有料老人ホームであって、
入居の際には額の多い、少ないはあってもそれなりにまとまったものを
収めている。
施設の設備、サービスの質等、細々調べ、見学し、自分も一緒に泊まってみたりして
払える額で1番良いと思ったホームを選んだ。

母が迷子になったり、事故にあったりする前に
紆余曲折があったにせよ何とか入居までこぎつけて本当に安心したのだ。

でも入居した後の人間関係まで考えが回らなかったのは事実で、
それぞれ個室でのんびり暮らす一国一城の主だから、
普通にご近所付き合いが発生し、それがなかなか難しい。

折々にお菓子など配る方もいらっしゃるし、
ご馳走してくださる方もいらっしゃるし、仲良しもできるし、
その逆もありで、健常から要介護5まで入居されていても、
ホームの中で保護されているから普通?に暮らせる方が大多数。

何か事が起これば、良い方法を考え出し、
スタッフも、家族も頑張るしかない。

他のホームへ移る事や、帰宅する事は最後の手段であり、
考えてみる事はあっても、出来ない相談である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »