« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

年末に思う事

母の居るホームから
「午前中に用事が重なって、整形外科にお連れ出来ませんでした」
というのんきな電話が掛かってきた。

今日の午前で年内の診療は終わりなのに
どうするの?
こういうところがとても不安で度重なると不信に変わる。
早く連絡をくれれば私が連れていったのに。

数日前、父の家の忘年会に参加した。
「チャンコダイニング若」の鍋セットを食べて、
酔った父はいらしていた方と喧嘩して
さっさと自室へ篭って寝てしまった。
体調も悪かったらしいけれど、
「久しぶりに君と話したい」と言うから行ったのに何なのよ。

帰りの車を運転しながらつくづく親の老いについて考えてしまった。
気の滅入る日々が続く。

先日あるblogに「一読して不快な文章」というコメントを書いた。
私は彼女が取り上げた元ネタに対しての感想だったが
言葉足らずで、結果的に彼女を傷つけることになり
本当に申し訳ないことをしてしまった。ごめんなさい。

他人の幸せを破壊するという文章の中に
私は素通りできないものを感じた。

この話は書くとすごく長くなるからやめておくが、
一見筋が通っているようで、乱暴な意見は
読んでいて不快。
文筆家(売文業)は何を書いてもいいのだろうか。

年末で少しは片付けなければいけないのに
やる気が全くない。
喉が痛く、痰がからみ、お腹が下り、寒気がする。
完璧なほどの風邪の症状。
しかし年末に寝ている事はうしろめたい。
体中痛くなってきたので寝たい、寝たい。

でも私の中に居るもうひとりの私は
寒い夜更けに帰ってくる息子を待つという。
1時半まで待てるだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

骨折

先日、右手にギブスをして三角巾で手を吊った母に逢ってきた。

指先は全部出ていて、痛く無いと言う。
でもとても不自由そう。

ホームでは、「明日整形外科に行って、ギブスを外し
レントゲンを撮って、骨がくっついていたらばOKなんです」
という明るい見通しを聞いた。

しかしながら何故骨折したかは、藪の中。
母の話は二転三転、ああ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日、ギブスを外したけれど、骨がついていないので
もう一度ギブスで固定したという連絡を受けた。

痛みを感じないので、動かしてしまう。
だから治らない。
ギブスで固定しているのに変な話だ。

直接お医者さんに聞きに行ったほうが
いいのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

季節なので

今年も北海道の味が届いた。
DSC01758
例年通りのラポロのめぐみAセット(きたあかり、玉葱、レッドムーン?、雪化粧)と
インカのめざめと小豆を一緒に送っていただく。
今年は冬至セットもある。
毎日寒いので、ポトフ、シチュー、カレーと鍋物の繰り返しになりそう。
小豆も冬ごもりに欠かせない。

 ししゃもも届いた。
ここのししゃもは特別のししゃも。
特別というか本物で、他で買ったものとは歴然と違う。
美味しいものをいっぱい教えてくれた頒布会も
今はいっぱいで参加できなくて残念。
ししゃも以外も一味違う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2005

コットンスエードルームシューズ

懲りない私はユニクロで買い物をした。

* コットンスエードルームシューズ・・これは優れもの。
  しっかりした作りでフィット感あり暖かい。790円では気の毒なほど。

* フリースベスト・・・メンズのSを買って正解。
  今年のレディースは全てぴったりシルエットで、
  去年のフリースに今年のジャケットを着ると腕が苦しい。
  ベストにしたらとっても楽になった。

* カシミヤタートルセーター・・去年はMを買ったけれど、
  しっかり寸法を計ってLにしたらぴったり。

  頭を使った買い物がうまくいって、満足。返品は面倒だもの。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 14, 2005

ニットソーイング

ニットソーイングの無料講習会に行ってきた。
好きな生地を選んで買い、ロックミシンとフラットミシンを使って
ボトルネックのカットソーを作る。

初めてだったけれど、楽に縫えるしとても楽しい。
2時間弱で完成したので
着てみると若々しいデザインで気に入った。

いつも布地のネットショップを見ていると、
素敵なニット地を沢山売っている。(しかも安い。)

自分のがうまく出来たら、
母にも母のお友達にもカットソーとスカートを作ってあげたい。
80歳近くなったら体形が変わってしまい
今までのものが綺麗に見えないのは悲しいから。

楽しみが増えたのはいいけれど,悩みの種は、ロックミシンが高い事。
花苗を買うようにはいかない。

あー又これで、仕事復帰が遠くなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

ヘアアイロン

11月の誕生日に美容院へ行った。

私の場合、年一回行けばいい方で、
髪は長いのでまとめてしまうし、前髪は自分で切ってしまうから
滅多に行かない。

でも、きりっとしたアップスタイルは
老けて見えることが気になりだした。(歳相応ともいう)

そこでパーマでもかければ少しはましかと皮膚科の薬持参で
行ってみた。

【送料無料】ワンランク上のヘアアイロン NY発、日本初上陸。セレブご用達ストレートも巻き毛も...そこで薦められたのはヘアアイロン。
ストレートパーマの時に使うのかと思っていたら
これは簡単に巻き髪が作れる。
あっという間に淋しい印象が華やかな感じに変わる。
思わず「いかほど?」

お高かったけれど誕生日なのでお買い上げになり
パーマはかけずにカットだけで帰ってきた。

自分でやってみるとなかなかうまくいかない。
練習あるのみ、だって、元気そうにみえるのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度は骨折です

昨日、ホームから電話があった。
「お母様の右手が青くなっていて押すと痛いとおっしゃるので
整形外科で診ていただいたら骨折していました」
エ~~~
「ギブスで固定しまして、全治4週間だそうです」
本人からの訴えは特になかったよう。

母に電話すると、
「手はどうしたの?」
「包帯巻いてあるの」
「痛いの?右手じゃ不自由ね」
「別に。でも何で知ってるのよ、連絡があったの?やね!」

なんで痛くなったか(骨折したか)は結局わからない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新聞で大金が消えたけれど、本人がいつどうして無くしたかわからないので
被害を訴えることが出来ないという記事を読んだ。
90代の男性だった。

2回にわたって、郵便局に下ろしに行っている。
同行してくれた人もわかっている。
手続きに必要な用紙には本人が記入し、印鑑も押している。

でも、本人は行った事もお金を下ろした事も憶えていない。
何の為におろしたのか、何に使ったのかも不明。

明らかにお金は無くなっていても、
本人に記憶がないとどうすることもできない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高齢者や認知症患者であったりすると、
何も言えなくなってしまうのかな。
お金がなくなった事実、怪我をした事実はあっても
そこまでの経緯がわからない。

母の場合はどこかにぶつけたのだと思う。
でもそれはあくまで想像で、本当の事はわからない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 05, 2005

アフガン衣料支援

もう始まってしまっているのですが、
JITさんのアフガン衣料支援は9日まで受付です。

今年は帽子も編んでいないし、と思っても
着ていない、いや、着られなくなった衣類は結構あるんですよ。
今日は寒いので、厚着をしたうえ、ヒーターまでつけているのが
申し訳ないほどです。
アフガンもパキスタンも寒さがこたえるでしょうね。

JITさんのバックアップサイトです。

私は帽子は編む物と思っていたら、今はニットソーイングで縫う事もできるんですね。
肌を刺激しないように縫い目を外向きにしたデザインを考えれば、早く沢山出来る。
来年も支援があってはいけないんだけれど、もしあれば、トライしてみようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »