« なんだかな! | Main | アフガン衣料支援 »

November 21, 2005

真相はこうだった

風邪を移さないように、マスクをして母のところへ行った。

「お友達にお金をお借りした」というのは何かな?と思ったら
玄関でケアリーダーにつかまった。

お友達(Aさんとする)と母が通販で物を買い
着払いで受け取ったという。
Aさんは母に品物を渡し代金を請求するが、
母は注文した事も憶えていない。(病気だから)
でも買ったと言われるのだから、
お支払いしなければならない
⇒銀行にいこう⇒カードがない⇒返してよ!
となったそうだ。

私が部屋に入るとすぐにAさんがやってきて
事情を説明する。
悲しかったのは、母の前で
「吃驚したわ!晴天の霹靂、注文しないとしらを切るのよ」
と言ったこと。
憶えていられないから、ここにいるのに。

母は黙って他の方を見ていたが、
「ここ嫌だから、帰りたい」と言った。

Aさんは以前も自室に訪問販売の人を呼んで
買い物して問題になった人。
(おわかりにならない方も買い物してしまう)
今回も厳重注意を受けていたが、
理解したようには思えなかった。

ケアリーダーはAさんの病気がすすんで
母の病気の事もわからなくなってしまったという。
初めから理解するのは無理だったと思う。

14280円支払って、不要なものが手元に残った。
私は惨めで、母がとてもかわいそうだった。

|

« なんだかな! | Main | アフガン衣料支援 »

Comments

母のように歩いたり出来ない人たちの病室では起こりえない問題ですね。

母達は喧嘩もありません。しづかによい顔をして時には女になったり娘になったり母になったり自由にしてくれます。それがすごい話で顰蹙物の場合もariではじめは怒りまくったこともありました。

今回の場合は病院の責任ではないでしょうか。預かっている責任です。まして一万円以上の買い物をご病気名からすると無断で出来るシステムが問題ではないでしょうか。

訪問販売の人が入れることにも疑問があります。マンションによっては禁止されているところがあります。

今後はないようにする対策はないでしょうか。

Posted by: ぴょんすけ | November 23, 2005 at 02:15 AM

mituさま 
お母さまのやるせないお気持ちが哀しいです。
すぐに忘れておしまいだから、せめてもの救いです。でも、どんなに深い哀しみだったことか。
お相手の方も病気ですものね。 あーため息が出ます。 病気になる前は、しっかりなさっていたことでしょうに。
介護の調査員が来る前に、私は 調査員の方にお願いをしておきます。
 「ママの前では、何も出来ないというと悲しむので、努力してどんどん出来るようになってきましたと言います。そのつもりでお聞きください。」
そして案の定、ママは ベッドから起きて、調査員を玄関までお見送りするのです。
自尊心なくして回復はありません。私たちが赤ちゃんの時に、「いいこ、いいこ。」「上手、上手」と言ってくれたママやパパに、今度は
同じ言葉を返します。
mituさま 一緒に頑張りましょうね。

Posted by: だんばらぴっぐ | November 28, 2005 at 08:12 PM

ぴょんすけ様> そこが健常から要介護5まで一緒のつらいところで、
おわかりにならない方もそれぞれわからない分野が違うので、難しいです。
自分で普通と思っていらっしゃる方がいつも
何か問題を起こされます。

だんばら様> 暖かいお言葉ありがとうございます。
私も調査員の帰りを「お送りしてくるから」と追いかけて、マンションの玄関で事情をお話していました。
でも帰ってくると、「母がよくお話できた?」と言うんですよ。ああ・・・

本当、それぞれのママ達を守りましょうね。

Posted by: mitsu | November 30, 2005 at 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/7172597

Listed below are links to weblogs that reference 真相はこうだった:

« なんだかな! | Main | アフガン衣料支援 »