« October 2005 | Main | December 2005 »

November 21, 2005

真相はこうだった

風邪を移さないように、マスクをして母のところへ行った。

「お友達にお金をお借りした」というのは何かな?と思ったら
玄関でケアリーダーにつかまった。

お友達(Aさんとする)と母が通販で物を買い
着払いで受け取ったという。
Aさんは母に品物を渡し代金を請求するが、
母は注文した事も憶えていない。(病気だから)
でも買ったと言われるのだから、
お支払いしなければならない
⇒銀行にいこう⇒カードがない⇒返してよ!
となったそうだ。

私が部屋に入るとすぐにAさんがやってきて
事情を説明する。
悲しかったのは、母の前で
「吃驚したわ!晴天の霹靂、注文しないとしらを切るのよ」
と言ったこと。
憶えていられないから、ここにいるのに。

母は黙って他の方を見ていたが、
「ここ嫌だから、帰りたい」と言った。

Aさんは以前も自室に訪問販売の人を呼んで
買い物して問題になった人。
(おわかりにならない方も買い物してしまう)
今回も厳重注意を受けていたが、
理解したようには思えなかった。

ケアリーダーはAさんの病気がすすんで
母の病気の事もわからなくなってしまったという。
初めから理解するのは無理だったと思う。

14280円支払って、不要なものが手元に残った。
私は惨めで、母がとてもかわいそうだった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

なんだかな!

姉歯建築設計事務所の構造計算書偽造問題が露呈してから
折角、やる気になっていた耐震診断を受ける気持が
萎えてしまった。

耐震診断士(専門家)は木造住宅耐震診断講習会を受講し、
名簿登録された建築士だと書いてあるけれど、
俄かに信じられなくなってくる。

悪魔に心を売った1級建築士なるものが、
TVでしゃあしゃあと「地震でつぶれちゃえば、挟まれちゃったりしますね」
と話すのを聞いていると、
「何で自分だけが咎められるんだ」
「しっかり検査しなかった方が悪いんじゃないか」
そして、「皆やってるよ」と続きそうな気がしてくる。

どうして難しい学問を修めて資格を取って、
自分の事務所を開いた人がそんな事をするんだろう。

商売として成り立てば何をやってもいい。
最近そんな事件は次々起きている。

大枚はたいてやっと手に入れた住いが
安心して住む事が出来ないとわかった時、
騙された事で傷つけられた心はどうすれば癒されるのだろう。

へらへら記者の質問に答える男を見ていると
腹が立つのを通り越して脱力してしまう。
本当にこの男がやった21棟だけなのか?
はなはだ疑問なんだから、知っている事は全部言って頂戴。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 17, 2005

ランズエンドが好き

昔の「質実剛健、でもちょっと野暮ったい」
といったイメージから大きく変わってとってもお洒落になってきた。

サイズもぴったりなのがあって安心して買えるうえ、
品物の来るのも早く、取り替えも簡単になってきた。

のんびり悩んでいると欠品になってしまう。
品物の回転がすごく速い、都会的なブランドに変身したのだ。

団塊世代をターゲットにしていると思うけれど、
カタログは40代向けのような若々しさで、
無理なく、綺麗に着られるものが多いし、電話対応もとても良い。


この春、シーズン終わりのクリアランスで買ったスカートやジャケットが
今大活躍して助かっているのは、
みんなの好みと微妙にずれているからで・・・
好きな物が残っているのは有り難いけれどね。

今年はコートが欲しいな。
コートは早く決断しないと駄目だろうな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランズエンドは海外通販にはまっていた頃からなので、
もう13.4年になる。
今も息子のシャツはここ。
パンツは日本サイズになってから合わなくなった。

私の物は、ナイトT、バスロープ、カットソー、
ジャケット、スカート、パンツetc.
フィールドコートもある。シーツもある。
色褪せ、古くはなっても綻びはしない、やはり質実剛健なのだ。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

November 16, 2005

ユニクロの行方

ユニクロのスマートリラックスがどんどん少なくなっている。
(スマートに見えてゆったりがコンセプトのオバサマ御用達サイズ)
今はジーンズがあるくらい。

体を科学したインナーと言うのも値下げして売り切る様子。
(これは駄目だった)

かなり前に無くなってしまったがストッキングはとても良かった。
私だけではなく、知人、友人に差し上げたら、
皆買って欲しいと注文してきた。

結局すぐ結果が出る若い人向けにシフトしたわけなのか。
何故物が余っているような分野に突き進んでしまうのかわからない。
海外のブランドを買いあさっているのもわからない。

どうして綺麗な色でシニアサイズを作らないのかな?
落ち込んだ気分が明るくなるような色揃えで
商品を作って欲しい。
品質はどんどん良くなっているので残念と思っていたら
カシミヤセーターにUKサイズがあった。
ちょっとだけ大きい。

素材と色はそのままで、カッティングを変えて・・・
と書いてきたら自信がなくなってきた。
やめたと言う事は、売れなかったという事?
皆はなにが欲しいんだろう。

私は普段着に綺麗な色で着易い服が欲しいわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

絶不調

本当に風邪がぶり返した。
気分が優れず、やる気も無く、喉の奥が変。

TVニュースは嫌な事ばかり伝える。

* インフルエンザ大流行に備え、タミフルの備蓄を勧める。
 鳥インフルエンザが変異して新インフルエンザとなるとか。
 タミフルはインフルエンザの予防に昨年から使っていたようだから、
 副作用(充分怖い)より怖いのはタミフルが効かない新種のウイルス。
 この季節になると、不健康な毎日を猛反省する事のくりかえし。

* 同級生による殺人
 報道によると共に母子家庭。
 残された母達を思ったらあまりに無残で胸が苦しくなる。
 この先どうやって生きろというのか。

* 母親を実験動物として扱った女子高校生
 自己顕示欲が異常に肥大化したわけ?
 「母は苦手」とか「うまくいかない」等というのは、情を感じるが
 「母とはそれほど親しくない」とか
 「好きでも嫌いでもない」なんて冷たすぎる。
 何の警戒心もなく寄り添う間柄だから、
 気安く実験したわけ?
 鑑定留置と言っていたけれど、聞いた事のない病名がついて
 手厚く保護されるのかな。
 意識不明の母と家族。悲惨だね。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 13, 2005

小さなポット

寒くなってきたので小さなポットを買った。
サーモスステンレスポット(0.6L)
サーモスのステンレスポット 0.6Lパールホワイト
T-FALでお湯を沸かし、残りをこのポットに入れておく。
(↑の写真はステンレスタイプです)

もう少しお茶を飲みたい時、薬を飲むのでお湯が欲しい時、
とても便利で、場所を取らない。

前にスーパーで見た機種は蓋が使いづらかったけれど
これはうまくいく。

昨年までお~きな湯沸しポットを使っていたのが
不思議なくらい。
小さく、軽く、快適です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

返して!返して!

少し風邪も良くなったので、朝から身支度を整えてビオラ苗の移植に励んでいたら、
昼近く、電話が鳴る。
「私の通帳とカード知らない?」
又母の返してよ攻撃が始まるみたいだ。

私はこの攻撃をうまくかわす事が出来ない。
心がどんどん重く、暗くなって憂鬱な日々が続く。
何故手元に置けないかを話しても、理解してもらえないし、
悔し紛れに、銀行に電話して紛失届けを出したりする。

以前、「私が預かっているからね」と言ったら
「あなたにだけは、預けたくない!信頼できる人に預けるから返してよ」と言われた。

彼女は手強いのだ!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 12, 2005

成年後見制度の実際

私は母の成年後見補佐人です。

何故、成年後見補佐人になったかといえば、
自宅マンションで1人暮らしだった母が
訪問販売の被害にあったことで頑張って保佐人になった。

1回訪問販売の被害にあうと、次々セールスが来るというのを聞いて
当時は母が住いを移す事など考えられなかったので申請したが、
時間もお金もかかり、とても大変だった。

その保佐人になって最初にぶち当たった壁は郵便局だった。
満期になったまま放っておいた簡易保険は
記載事項証明と私の身分証明、印鑑で受け取ることが出来た。

しかし、窓口をいくつか隔てた、普通預金のところで、
やはり期日を過ぎた定額貯金が解約できない。
代理行為としてそれが記載されていても
母の委任状か証明がいるという。
千円もする記載事項証明はなんの用もなさず、
郵便局員は郵政省の担当部署と延々話あっている。

私も家庭裁判所の係りの人や弁護士に電話したが、
カウンターのあちらとこちらで話し合いは決裂して
結局、定額預金の解約は出来なかった。

何の為の成年後見かと、悔しかったが、
出来たばかりの法律はそう言う事があるようで
腹を立てたまま暫く放置しておいた。

次の年に母の住所地の本局から
又満期の通知がきた。

私は通知をくれた局に電話で以前あったことを話し、
記載事項証明が用をなさないのはどうしてだと聞いた。
彼は、代理権付保佐人の届けは出したかという、
その手続きすら説明もなかった事をいうと、
必要な書類を持ってこちらに来てくださいという。
とっても親切だった。
(私が最初に行った局はやたら厳しいと言っていた)

私は言われたとおり書類を揃え、
母の住所地の特定郵便局に手続きに行った。
(本局より近いのだ)
そこもとても親切であっと言う間に手続きは済み
解約も出来た。
しかし本局の人が必要と言った書類は不要だった。

そして今年、又満期になった定額貯金を受け取る為
母の取引銀行の近くの郵便局に行った。
今度は、通帳に書いてある代理権付保佐人というのは
誰が書いたのかと聞く。手続きした局だと言うと
自分で書いたのではないかと言う。不愉快だ。
例によって記載事項証明も提示しているのに。私は泥棒か!
やはり何処かに電話しながらのろのろと作業は進み、
本人が生存しているという証明を出せという。
保険証、保険証と騒ぐので、
「もし死亡してた場合、保険証抹消までタイムラグがあるじゃない」
と言ってやったら、確認したという証明になればいいと言う。
挙句の果て、「もう信用して出しますよ」
「以前は国がやっていたからいいけれど、今は公社なんだから
自分の責任になっちゃうんですから~」
「自分が全額弁償するんですよ~」
呆れて物が言えない。

そして先日5箇所目の郵便局
定額貯金の解約が粛々と滞りなく終わった。

新しい法律が出来たとき、それに対するマニュアルを作り
周知徹底させると言う事が既に出来なくなっている郵便局(郵政公社)
どんどん組織替えをするのもいいけれど、
きっちり仕事をして欲しいわ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 11, 2005

知恵と心

今朝、TVを見ていたら、小学生のお受験を取り上げていた。
「うちはしっかりとした学力をつけます」と力強く話す先生や、
プラネタリュームまである学校等を見ながら違和感を感じていた。

それは、少し前にやはりTVで見たアジアのどこかの国の
7歳で大学入学した男の子の報道でも感じた事。

勉強が悪いということではなく、
人間が生きていく為の力の方はどうなっているのだろうかという疑問である。
子供の時こそ、工夫して遊び、知恵を働かせる訓練をして欲しいと思った。

そうしたら横浜のjunさんが災害時の話として「知恵と心」について書いていた。

そう、鍛えたいのは「知恵と心」。
野外で火を起こすには、マッチ、ライター?それがなかったらどうする?
トイレが使えない、水洗でなくてもいいよね、庭があるなら穴を掘ろうか?
体を鍛えていないから穴も掘れないの?

災害時に知恵を出し合って生き抜くために、
大人は自分が考えつくかぎりの知恵を授けなければならない。
子供は成長に見合うように知恵と学力をつければいいと思う。

友人とよく話すのは私達は物の無い時代を知っている(幼かったけれど)
そして豊かな今を生きている。
どちらでも生きる事ができるのは、強みだねって。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 07, 2005

冷たい日曜日

あまり寒いので、椅子の上に正座してPCをやっていたら
本田美奈子さんが死去したというニュースが流れた。

特にファンではないがかなりショックだった。
アイドルからミュージカル女優になるまでの努力は
大変なものだったと思うし、
何かスポーツの開会式で、君が代を唄うのを聞いて
パワフルな歌声に本物なんだなと感心していた。

1月にミュージカルの出演が決まった直後、
発病がわかり入院して10ヶ月。
病と戦い敗れてしまうなんて思ってもみなかった。

夏目雅子さん起用のCMのとおり、
今は骨髄バンクもあり、白血病が不治の病ではないと
ぼんやり思っていた。

舞台に立てる日を信じて、頑張っていただろうに、
志半ばで力尽きてしまい、どんなに悔しかっただろうか。

本当にかわいそうでならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2005

熟年離婚

昨日のドラマのラストは切なかった。
もう一度話たいと訪れる夫と後には引けなくて必死に頑張る妻、
脚を止めそうになりながらも、振り向かずに去っていく洋子さんの
後姿がなんともいえなかった。

ドラマを見終わって切ない・・・
いつかもそんな事があったな~そう金妻を見ていた頃だ。
幼稚園のお迎えの時に皆でああだこうだ話した訳で。

あれから20数年経って、皆もこのドラマをみているのかしら?

何だか母親に面倒みてもらう自立できない夫と、
経済観念ゼロの妻を見ていると、絵空事の感が拭えない。

あのお母さんはいかにも居そうで笑ったけれど、
皆リッチで生活感がない。
↓のコメントのとおり「金持ち限定コース」なのね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 03, 2005

2年も待てますか?

熟年離婚の話題が賑わっている。

勿論ドラマもお楽しみだけれど、
現在熟年離婚の伸びが少し鈍っているそうだ。
コメンテーターは「皆さん待っていらっしゃるんですよ」という。
2年後の年金分割化をにらんで待機中という事らしい。

でもね、中高年の2年は厳しいと思う。
加速度的に老化するわけで、その時が来ても
今と同じとは限らない。

どちらかが病気になっていたり、
経済的に苦しくなっているかもしれない。

定年後の男は家にいても何にも気づかず、
良かれと思って余計な事ばかりやってのける。
それを横目でみながら2年待つ。

かなり辛い修行のようで、
それだけで病気になりそう。

ドラマの方は、そういう設定なのか、松坂慶子さんの
物言いがほんわかしていて少しも修羅場にならない。
言っている内容は、思い当たることが多々あって、
興奮せずに、きちんと話が出来る事に感心したりする。

一番嫌なのは、安易な再就職の話。
あの部分が一番現実ばなれしていて、
いくらドラマでもあれはないんじゃないの。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 02, 2005

リクエスト

母の通院終了に続き、自分の治療も終わった。

気が抜けたのか妙に疲れるわ、風邪をひくわ、不調である。
母の誕生日が近いのでプレゼントは何がいいか聞いてみた。

歯も入ったことだし、何処かに食事に行くと言うのかと思ったら、
母はお洋服が欲しいと言う。
クリスマスもあるし・・・と夢を語るのを聞いていて、
昨年も同じ事を言っていたのを思い出した。

これから先にある楽しい事を心待ちにする。
前向きでいいな!!
出来る事なら、私もそんな風に生きていきたい。
私の両親は、はた迷惑なほどの楽天家なのに、
私はどちらにも似ないペシミスト。

現在のお楽しみは発芽した苗の管理。
毎朝、起きぬけに日焼け止めだけつけて、子供達に逢いに行く。
眼鏡をかけてしみじみ眺めながら、
頭に浮かぶのは溢れるほどに咲き乱れる花ではなく
うまくいかなくて落胆している自分の姿。

なんて悪い性格なんだろう。
素直に楽しめばいいのに・・・
それでも少しでも日に当てたいと、
日なたを求めてセルトレイを持ってうろうろする
自分もいるのよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »