« 後遺症 | Main | 『認知症 あなたはどう向き合いますか?』 »

September 24, 2005

世間話

先日、生協で久しぶりに会った人と立ち話をした。
メンバーはAさん・70代後半、Bさん・60代、そして50代の私である。

Bさんはヘルパーさんなので、以前自宅に介護に行っていた方が
老人ホームに入っても、ご家族に頼まれてケアに通っている。
その日は娘さんが、老人ホームがどんなところか見たいというので
一緒に行ったところ、若い男の子がスタッフとして、甲斐甲斐しく働いているのに
びっくりしていたという。
もうすっかり眼に馴れて、何とも思わなくなってしまっていたが、
可愛い男の子がお年よりのケアをしたり、話相手をしているのが
とても新鮮だった事を思いだした。

Bさんが来るのをお菓子を買って待っていて、
「一緒にお花見をしようよ」と誘ったり、
「あたしも携帯が欲しいわ」と意欲的だったおばあ様が
もう何にもわからなくなったと言うのを聞いて、
自分達もそうなるのね・・・と3人共しんみりしてしまった。

気分を変えようとAさんが、
「Bさんのお向かいは2軒とも空家なの」と尋ねた。
「両方とも息子さんが1人で住んでいるわよ、
Sさんのお爺さんはもうとっくに亡くなって兄弟2人で住んでいたんだけれど
1人は近所に出たのよ」
「Hさんはね、お母さんがもう痴呆になっちゃって、
長いこと病院暮らしなのよ、朝雨戸を20cmぐらい開けて仕事に行っている」

聞くと息子さんはどちらも60代で独り者。
庭も家も荒れ放題だという。

これからは高齢者と空家が増えますよという事が
もうすでに始まっている。

今は結婚しない、子供を持たない若い人が多く、
仕事さえせずに何故か生活している人もいる。

中高年にとって
明るい希望が持てる話題は本当に少ない。

|

« 後遺症 | Main | 『認知症 あなたはどう向き合いますか?』 »

Comments

どの時代も老人が安心できてよい
時代ではなかったのではないでし
ょうか。病院にも入れず山に捨て
られたり、短命であったのではな
いでしょうか。

今私もあなたも親を見るグッドチャ
ンスを得てどう老いてゆくかを学習
しています。

今日は25メートルのプールを短足
で18歩で45分間歩きました。そ
れからジャアグジーで20分正座。
こんな贅沢な時間がもてるのも電
化製品やライフラインのおかげで
す。

LIFEなどのメーリングリストでも
若い力のある女性たちが大勢い
ました。

このココログも私にとっては力を得
る場所です。若い頃よくいいました
よね。

ケセラセラ。どんな目にあっても笑
ってやりましょうよ。ケセラセラ。あ
の頃良く笑ったように。

Posted by: ぴょんすけ | September 25, 2005 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/6088385

Listed below are links to weblogs that reference 世間話:

« 後遺症 | Main | 『認知症 あなたはどう向き合いますか?』 »