« リサイクルと感動もの | Main | 電話相談 »

July 08, 2005

感情失禁

6日夜、3チャンネルでシリーズ 若年認知症
「第1回 夫婦 葛藤の日々」というのを見た。

病気になってしまった男性が「迷惑ばかりかけて」と
大粒の涙を流すのを見て、見ているこちらが辛くなった。
「認知症でも感情があるんですよ」なんて言う為に
可哀想なインタビューしないで欲しい。

以前母のケアを始めた頃だけれど
「気の強い母が泣くんですよ」と話したら、
「あァ 感情失禁ですね」と言われ、絶句してしまった。
なんて嫌な言葉だろう。

若い子がぽろぽろ涙をこぼしたら、感受性が強いのねと言われ、
大人でも美しい心の人とか言われるのに、
何故、認知症だと感情失禁なの!!!
こんな言葉を作った人、平気で得意げに使う人の、
感性のなさに愕然とした。

そしてそんな人に母の事を相談した自分が情けなかったし、
母に申し訳ないと思った。
介護する人とされる人、その逆転は必ずおこるのだから、
無神経な物言いはしないで欲しいな。

|

« リサイクルと感動もの | Main | 電話相談 »

Comments

翻訳された言葉は日本人の感性にあわないことが多いですよね。パラサイトという言葉も
言われた本人によってはきついですね。

娘が「その言葉を作った学者は冷たい人だと思う。」と真面目な顔をして私にいったことがあった。

私は時々講談を聞きにいくが吉本興業のどたばたにはないおもしろさがある。

面白ささえ人を痛めつける言い方がジョークだと強引に思わされていく時代です。

現象だけで言葉をつくるのではなくそこに人情があったはずなんですよね。

Posted by: ぴょんすけ | July 13, 2005 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/4874297

Listed below are links to weblogs that reference 感情失禁:

« リサイクルと感動もの | Main | 電話相談 »