« 50代をターゲットに | Main | 聞けない »

May 28, 2005

空き部屋

随分間が空いてしまったが、母の所へ行ってきた。
いつものように、お話をしたり、歌を唄ったりしたけれど、
一緒に歌うメンバーに変化があったのか、シャンソンの楽譜が数曲あった。

そして「ユーモレスク」と「スワニー河」を一緒に唄うなんていう高度なものを
やっていた。
母がつられてしまうから目立たないけれど、私も全然駄目。
せめて「静かな湖畔の・・・」の輪唱ぐらいにして欲しいわ。

しかし母の住むフロアの空き室が急に増えていたので聞くと、
皆さん亡くなられたとの事。
特に空き待ちをしている人がいないようなので、モデルルームが
増えていく。
これが老人ホームの現実だとわかっていても切ないものである。

|

« 50代をターゲットに | Main | 聞けない »

Comments

母の病院では童謡を歌っています。81歳の叔母はナットキングコールの枯葉などを聞いています。

わたしは童謡だけではなくモーツアルトもシャンソンも聴きたいです。歌いたいです。

夕食時には大きく童謡がかかったりしていた病院もありました。
昔はやったジャズやシャンソンをかけているところもありました。

耳が遠いので聞こえている人が少ないのであれば介護する人が楽しめる曲でもいいかなとも思います。

Posted by: ぴょんすけ | May 29, 2005 at 09:10 PM

コメントありがとうございます。
先日ラジオ深夜便でも、選曲が少し若くなったという説明をしていましたが、
お年寄りが童謡、唱歌が好きという訳ではないのだと思います。
歌詞を皆が知っているというのが良いのかもしれません。
戦中、戦後に青春だったわけですから、何でも知っています。
ジャズもクラシックもタンゴも。
昨年は岸洋子さんの「希望」や、マイク真木さんの「バラが咲いた」をよく唄っていました。
私は声帯が老化したらしく高い音が出にくくなって、悲しいです。

Posted by: mitsu | May 29, 2005 at 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/4306215

Listed below are links to weblogs that reference 空き部屋:

« 50代をターゲットに | Main | 聞けない »