« April 2005 | Main | June 2005 »

May 30, 2005

聞けない

おととい帰ってきてから、澱のように心の中に残っているのは、
空き部屋が増えた事を、母達はどう思っているのかということ。

お隣の部屋の方が入院されてそのまま帰らなかったときは
「人間、あっけないわね」と言っていた。
他の病気の治療に入院したら、悪いところが見つかって
亡くなったのだが、お付き合いのあった方だったので悲しかった。

1人の方は病院を出たり入ったりしていらしたので、入院中かと思ったら
そのお部屋はすっかり片付いてモデルルームになっていた。
初めて逢った頃は、
「子供は何々を経営していて何処に住んでいる」とか、
「子供といってもいい年だ」なんてお話もしていて、
いつもいつも「お食事はまだですか?」「お茶はまだですか?」と
ハンドバッグを持って廊下を歩いていた。

その隣の方はとても無愛想な方だったが、
亡くなってから息子さんが記念?に木を植えたいと
おっしゃって母達も立ち会って植樹をしたという。

いつも部屋のドアを開け放ち、廊下に向いて座っていた方は
90代だったそうだ。

ホームの人は「ここはそういう所なのよ」と言うけれど、
そういう所に住む母を思うと心が重い。

私達世代がホームに入るようになると、
それぞれblog等で近況を発信する事になるのだろうか。
もうネットも古くて、違うツールが出来るのか、
PC操作も忘れてしまうのか、悩ましい事だわ。

(現在母のホームでPCを使う方は何人かいらっしゃいます)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 28, 2005

空き部屋

随分間が空いてしまったが、母の所へ行ってきた。
いつものように、お話をしたり、歌を唄ったりしたけれど、
一緒に歌うメンバーに変化があったのか、シャンソンの楽譜が数曲あった。

そして「ユーモレスク」と「スワニー河」を一緒に唄うなんていう高度なものを
やっていた。
母がつられてしまうから目立たないけれど、私も全然駄目。
せめて「静かな湖畔の・・・」の輪唱ぐらいにして欲しいわ。

しかし母の住むフロアの空き室が急に増えていたので聞くと、
皆さん亡くなられたとの事。
特に空き待ちをしている人がいないようなので、モデルルームが
増えていく。
これが老人ホームの現実だとわかっていても切ないものである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 25, 2005

50代をターゲットに

先日50代をターゲットにした商品は上質、贅沢を意味すると書いてあった。
例えば、ツアーは上等のホテルを利用しゆったり寛げるように日程もたっぷりとるとか、
化粧品もリッチな成分を配合した高価な商品になるというように。

All Aboutが手がけるライフスタイル提案型セレクトショップ
All About スタイルストア』がオープンしました

というメールを受け取った。
クラス感の漂うマガジンのようなサイトでとても綺麗。
今は物を整理する気分なのであまり心を動かされないけれど、
クロワッサンのサイトとも通じる感覚がある。
こちらは愛用していたネットのクロワッサンの店が現在使えないのが不便だけれどね。

楽天シニア市場というのも出来た。
これは私にはつまらない。
ショッピングの楽しみは山のような商品の中から好みのものを
探し出すのが醍醐味なのに、中高年はこんなもんでしょう?なんて
そんな市場はいらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

ウエストゴムのスカート

以前、母の為にウエストゴムのスカートが欲しいと書いたが、
今シーズン、通販で沢山目にする。

先ず三越通販
中高年御用達のカタログがますますユーザーの気持ちに沿った
品揃えになって来た。
スカート丈も76cm~80cmで各種あるが、柄物はおばさん柄。
皆好きなのかな?

ランズエンドも40代、50代を綺麗にしたい!!という
ポリシー通りに、お洒落なスカートにウエストゴムが増えてきた。
Linenのフレアースカートは自分の分が欲しい。
どの商品も色目が綺麗なのは何よりだし、日本ランズエンドが出来る以前から
利用していたブランドなので、商品には安心感がある。

でも愚図だから、母のものも自分のものも注文していない。
何にもしないまま、日が過ぎる。
愚図というよりう~ん、ローカかな?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 19, 2005

食器のリサイクル

以前、食器のリサイクルに興味を持って
美濃焼ネットというサイトを見つけた。

そして先日「らでぃっしゅぼーや」がこの分野に進出する事を知った。

らでぃっしゅぼーやは野菜や自然食品の宅配サービス会社だ。
大きな会社がいままでNPOがやっていた事業をバックアップしてくれると、
食器のリサイクルがもっと盛んになるのかも知れない。

らでぃっしゅぼーやは懐かしい。
その前身のNPO「日本リサイクル運動市民の会」の
フリーマーケットに友人と車3台で参加した事がある。
代々木公園の霞ヶ丘広場。
五月晴れの一日を子供も連れてよく頑張ったもんだわ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

詐欺商法 3

「いいお布団が来たの、綺麗よ」
「あなた、私が死ぬまで、お布団のこと心配しなくてもいいわよ」
こんな母からの電話にひっくりかえりそうになった私は
早速次の日に飛んでいった。

満足そうな母の前にすぐ使えるようにタグも外され、
白いカバーのかかった羽毛掛け布団がふんわり置いてあった。

これどうしたの?と経緯を聞きながら売買契約書を見る。
合計226800円、遠赤敷きパッドも買っている。

「遠赤敷きパッドってなあに?」
母「知らない」
寝室に入って今までの布団がなくなっていること、
その遠赤敷きパッドなるものがもう敷かれていることを発見する。

でも誇り高い母に「騙されたのよ!」とは言わなかった。
もし言ったら母が壊れてしまうような気がした。

「リフォームで226800円って高すぎない?」と言うと
「そう? でも親切なのよ。車で銀行まで連れて行ってくれたから
お支払いもその日にすんだわ」

その男の車に乗って銀行へ、ここまで聞くと私は脱力してしまった。・・・つづく


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

詐欺商法 2

母の所に優しい人が現れたのは2001年10月だった。
「羽毛布団の点検にまいりました」
インターフォンごしに聞いた母は、
職場でいつも買っていた布団屋さんが来てくれたと勘違いした。
勝手に勘違いしてくれたのだから商売はし易い。
部屋に通された優しい人は楽しく歓談しながら
「これは随分傷んでいますよ。リフォームした方がいいですね」と言って
今まさに使っていた掛け布団を剥いで持っていってしまった。

点検商法だった。

後でわかったのだけれど、母が買っていた羽毛布団の会社は大手で
実際に、メンテナンスのお知らせが数回来ていたため、
「申し込まなくても、わざわざ訪ねて来てくれた」と
感激して部屋に入れるのを防ぐ事は難しかったと思う。

又、病気がわかってから、私やケアマネ、ヘルパーさんなど人の出入りが
頻繁になっていたのも拙かったのかもしれない。
どんなに用心深い人でも、タイミング次第で引っかかってしまうのだ。

その優しい人には私も後日消費者センターで顔をあわせたが、
小太りの朗らかな人でいかにも感じのいい人だった。

最近の事件報道で、「身内や近所の人が気をつけていれば防げます」
とか、「クーリングオフが出来る」「認知症の人と契約を結んでも無効」などの
識者の意見を聞くけれど、そんなに簡単な問題ではない。・・・つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

詐欺商法 1

悪質リフォームで預貯金も全て失い、
家も競売にかけられて初めて隣近所の人や行政が気が付いた
というニュースがあった。
数日後680万の不要なリフォームをされた被害者の話もあった。
前者は認知症の姉妹が標的であり、
後者はやはり認知症のご夫婦だった。

事件が公になった事で、消費者センターや自治体が
いろいろ助けてくれるだろうけれど
この種の詐欺にあうことの予防と
被害にあってしまったあとの処理は簡単なことではない。

何故詐欺にあってしまうか。

お年寄り、特に1人暮らしの場合は過去の仕事や生活、そして今でも
1人でなんでも出来るという自信とプライドに支えられて生きていると思う。
そして本人が意識しているかいないかわからないけれど、淋しい。
人との会話も少なく殆ど付き合う人もいない。
煩わしくないけれども孤独である。
レジで言われた金額が聞き取れなかったり、
注意書きに気が付かなかったり、哀しい思いは中年の私だって始終経験する。
そう、しばらく行かなかったら八百屋が無くなったり、違うパン屋になっていたり
喪失感でなお淋しくなり自然に会話も減る。

そんな時、いかにも親切そうに優しい人はやって来る。
初対面の時、迎える方もそれなりの体面を繕うけれど
暫く話せば、どういう状態の人か当然プロだからわかってしまう。
それでもプロの優しい人は熱心に健康器具や布団やリフォームを勧める。

何故法外な金額のものを買ってしまうか(契約してしまうか)。

わかるような顔をして話を聞くのは、馬鹿にされない為だと思うし、
だってリッパに1人でやってきたんですものというプライドだと思う。
そして親切な優しい人が自分に対して話をしてくれる心地よさ、
話が弾めば弾むほど楽しくて、品物や工事内容に疑問があっても自分をごまかしてしまう。
ここまでいくと価格が高いという金銭感覚も、警戒心も薄れていく。

そうして訪問販売、点検販売は続き、次々販売に陥ってしまうのだ。・・・つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

母の日

母の日を数日過ぎたけれど、
先日産直のカーネーションを抱えて母の所へ行ってきた。
とにかくその日の母は穏やかで明るく、
その上頭脳明晰で何でもよくわかる。

「前回あなたが置いていったお小遣いはいくらいくらで、
その後出かけて使ったから足しておいて」なんて言うし、
持って行ったカタログを見て
「このブラウスだとあのスカートに合うわね」なんて普通の会話が弾む。
病気になる前の母は激しかっただけに何よりであるが、
今は穏やかな状態なんだろうな、と思う。

「写真撮ろうか」と言うと、あっという間に着替えて
花瓶の横に立った。
ウ~ん凄いね、完璧に普通の人。

今度違う症状が出た時にその落差が堪えるのだけれど
何だかとても幸せな気分で帰ってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お洒落・私の場合

私も母の所に行く時、なるべく母がよろこぶ格好をしていきたいと思う。
彼女の好きな明るい色の花柄でも着て、
髪もふんわりウェーブさせて薄化粧。

そう思うんだけれど、実際は
「あなた本当に構わない人ね」と呆れられ、
「お願いだからその髪やめて」と嘆かれる。

昔から服装の好みは正反対だった。
母は華やかでアクセサリーもバッチリきめ、
きちっとお化粧もして、大ぶりの指輪をしていた。
似合う色はローズピンク。

私の好きな色はブラウン。
だから茶系統ですべてが揃ってしまう。
イヤリングとピンキーリングはするけれど
母からみると哀しいほど地味らしい。
お気に入りのジャケットを
「それいい加減捨てたら」と何回言われた事か。

でもクリスマスとかお正月にはちゃんと母が気に入る
ゴージャスバージョンで出向くととても喜ぶ。

今度からいつもと違うお洒落をして出かけてこようかな。
変身の楽しみがあるのもいいかもしれない。

ps、母の所は私の服装を毎回気にしてくださる方々がいる。
「そのお洋服どちらで買われたの」とか「今日のレトロっぽくていいわ」
などと声をかけてくださる。
「あなた少し痩せてよくなったわよ! 前はちょっとね」なんて辛口の
コメントをくださった方は亡くなってしまい、淋しい。
                            mitsuの記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お洒落

病院に行くからいつもズボンとかジーンズで行っていた。
あるときその後、人に会うのでワンピースとコートで出かけた。
母がうれしそうな顔をしていくぶん元気であった。
介護者のおしゃれは思ったより大切なことだと思う。

私が寝たきりになったとき娘たちがきれいな
方がいいに決まっている。
だが同級生が元気はつらつで美しかったらどうだろうか。

「きれいだわ。」と心から言える私になっていたい。

それにはうらやましがることがないように今できる
だけ美しくしていることかもしれない。

                     ぴょんすけの記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

新しい携帯

あまりに古い携帯を使っているので、
そろそろ変えなければと携帯ショップで見ていた。
見やすいものがいいけれど、
らくらくホンは色使いがお洒落じゃない。

あれこれ手にとって見ていたら、お店のお兄さんが、
「シニア割は50歳からですよ」
思わず、「エッ ほんと?」
一緒にいた友人が
「50歳でシニアって怒る人いるんじゃない」
なるほど、安いと喜ぶ人ばかりではないのだ。

そのまま買わずに帰り
今日「ヨドバシカメラ」で
「母の日、父の日割引」?を発見、
ホントに50歳から割引がありました。
このネーミングは上手だわ!

それでも買わずに機種だけ決めて帰ってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月5日の読売新聞

5日はたまたま「くらし家庭」面に「西山栄子のHAPPYモード」が載っていた。
西山さんは朝日新聞のコラム「老後が待てない」にも
とても参考になる事を書いていらした方だ。

読売新聞にもこんな風に紹介されている。
*ファッションコーディネーターで、2人の大学生の母、
法律家を目指す大学生でもある西山栄子さん。
そんな素敵な50代を送る西山さんのおしゃれを紹介します。

そして今年のトレンド「ボリュームのあるスカート」の話が展開する。
ふんわりしたスカートは着やすいし、便利とか、
トップは小さくまとめると良いなどの話が続き、
ご本人と思しき、お写真も載っている。
が、しかし・・・
張りのある木綿やシルクのふんわりスカートは難しい。
かなり分量を抑えないと、美しく着こなせない。
昔の映画で見たような、
細いウエストが必需品のようだ。

私も春になって、ロングスカートが重く感じられ
ひざ丈のスカートに変えてみた。
それだけで新鮮で気持ちが軽くなったけど、
ふんわりスカートはおあずけだわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

5月5日の朝日新聞

以前連載していた「花を・若年性アルツハイマー」に対しての
読者から寄せられたお便りと専門家の助言が載っていた。

その中で夫が発病した41歳女性の
「がんばらないと、頑張らないとと自分に言い聞かせている」
という投書が辛かった。

夫の母親と子供2人を抱えている方に、
涙が出そうだけれど、「頑張らないで!」って言いたい。

共に病気と戦う日々はずっと続くのだから、
そんなに「頑張っちゃ駄目!」って言いたい。

そして取材を受けていらした主人公のお1人
斉藤さんのHPは凄いです。
アルツハイマー病のリアルな記録です。

私の母は今とても落ち着いているので、
私も一休み。
でもいつどんな電話がかかってくるかわからないから、
その時まで・ひとやすみ・させて欲しい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 04, 2005

覚書ノート

「老いじたく覚書き」という本を買ってみた。
サブタイトルに
「あなたを守り家族を支える安心ノート」とあり
日野原先生絶賛の帯まで付いている。

これは横浜の虹の仲間が自分達の介護経験から作ったもので、
老いのチェックシートや介護の実際や知恵など
盛りだくさんの内容に圧倒される。

なかなか本屋さんに行かれないので、ネットで頼んで
手にとって正直ちょっとへこんだ。
やはり自分は危機意識に乏しい日本人だと思ったし
老い、高齢、老後と連なる文章には「少し早かったかな」と
エイジングギャップも感じてしまった。
でも叔母が50代で急死しているのだから安穏とはしていられない。

記入できるところと読み物、資料が渾然一体となっているのは
書き込む方はいいけれど、託された人は見づらいのではないだろうか。
本来の覚書ノートと読み物、資料と別冊にしたほうが
使いやすいと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »