« 丹羽文雄さん | Main | 覚書ノート »

April 25, 2005

「母のいる場所」

稲泉連さんが大宅壮一ノンフィクション賞を受賞されたそうだ。
それも最年少の26歳で。
久田恵さんの「母のいる場所」の中に時折出てくる息子さんである。
「親の背中を見て育つ」というが母の背中を見て育って、
見事に開花されて吃驚した。

久田恵さんの「母のいる場所」だけれど、
私なりに「母のいる場所」を探した私を、大いに力づけてくれた。
これを書こうと本を出してきたが、装丁も可愛いし、
平明な文章が心地よく身近なテーマなのですぐに引き込まれてしまう。
何回も読んで情景が浮かぶほどだが内容は深い。

この本の中でも私のつたない経験でも今の老人達は枯れた人ではない。
昔はご隠居さんとか枯れた人とか一つの年寄りの形があったが
あれは「こうあるべきもの」という希望だったのだろうか。

この本の帯に、
酒・煙草OK、門限なし、入居者同士の恋も日常茶飯事の
「高齢者専用長期滞在ホテル」へようこそ! とある。
これはお母様のいらした「シルバーヴィラ向山」のことだけれど
母の所はさしずめ女学校の寄宿舎の趣で、
他のホームに移られた方を
皆で「今日の日はさようなら」を歌ってお送りしました、
というのだから、へ~~って思ってしまった。

老人という言葉より年上の人と思った方が理解しやすい。
私達がやる事も若い人から見れば、意外な事もあるのだろうしね。

朝日新聞に連載された、定年後についてのルポルタージュも
もう一度読んでみたい。
思い出した時に買い物篭に入れておくのが、習慣になってしまったが、
ネットショップ利用は便利だけれど、進歩しているのか
退化しているのか微妙である。

|

« 丹羽文雄さん | Main | 覚書ノート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/3844611

Listed below are links to weblogs that reference 「母のいる場所」:

» 「母のいる場所」 [HelperTown]
7月16日(土)から「母のいる場所」という映画が上映されます。 とはいっても、東... [Read More]

Tracked on July 10, 2005 at 01:20 AM

» (稲泉連氏) [四万十通信]
[プロフィール] 1979年東京生まれ。95年神奈川県の公立高校を1年で中退。大学入学資格検定を経て、97年早稲田大学第2文学部に入学。同年、その体験を書いた手記「僕が学校を辞めると言った日」で文藝春秋読者賞を受賞。「ぼくもいくさに征くのだけれど」(中... [Read More]

Tracked on September 18, 2005 at 06:03 PM

« 丹羽文雄さん | Main | 覚書ノート »