« 病院で思う事 | Main | 哀しい世の中 »

February 14, 2005

「グループホームたかまつ」の事件

又悲惨な事件が起きた。
前にどこかの病院であった生爪をはがす事件の時は
体が震えるような憤りを感じたけれど
今回は複雑だ。
本当に犯罪なんだろうか?
寒いという被害者をヒーターの前に座らせたまま、
何かの理由で見まわるのを忘れたというような事故なのではないのか。
これも過失致死になるけれど、手を下して殺害したのとは違う。

認知症の人は温度や痛みに鈍感だから、自宅介護の場合
お風呂の温度に気をつけるようにというのを聞いた事がある。

母がぎっくり腰になった時も病院に運ぶまでは痛がったが、
入院したとたん忘れたらしく、
時々「私なんでここにいるの?」なんて聞いていた。

友人のお母さんは、骨折手術のあと颯爽とベッドからおりて歩いたという。

亡くなられた方は本当にお気の毒だけれど、
加害者も・・・・
本人が口をつぐんでいるので何とも言えないが、
哀しい事件だ。

|

« 病院で思う事 | Main | 哀しい世の中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/2923209

Listed below are links to weblogs that reference 「グループホームたかまつ」の事件:

« 病院で思う事 | Main | 哀しい世の中 »