« パジャマとBGM | Main | なんて呼べばいいの? »

November 09, 2004

被災地支援

今回の新潟県中越地震は自然の恐ろしさと
言うにいえない哀しさを感じた。
美しい山峡の集落が、地震で崩され、せき止められた川の水で出来た
天然ダムの底に沈んでいくのが、刻々伝えられる残酷さと
いつまでも続く余震に、命がけずられる人々。

十日町は何回か訪れた場所なのに、あまりに昔なので
泊まった宿の名前しか固有名詞が思い出せない。
風景や有ったことは鮮明なのに、何と言うことだろう。

地震の後に、
取り急ぎ、転送させていただきます。(転送自由)
で始まるメールにこんな個所があった。
足りない物資を列記した後に、
「これらの商品を販売している企業の「お客様相談室」宛てにメールを送った
り、電話をかけたりして、被災者が求めているもの情報を、伝えてください。
あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。
皆さんの声が企業や行政を動かします。」とある。

友人の娘さんは、これらの商品を販売している企業に勤めている。
もう支援物資を出しているのに、
「お客様相談室」には電話が次々かかってきて、
なかには叱責する人もあるという。

それを聞いていただけに、複雑な気持ちになったし
よく考えて行動しないと自己満足にしかならないと
自戒した出来事だった。


|

« パジャマとBGM | Main | なんて呼べばいいの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/1906161

Listed below are links to weblogs that reference 被災地支援:

« パジャマとBGM | Main | なんて呼べばいいの? »