« 何か違う | Main | 被災地支援 »

November 03, 2004

パジャマとBGM

寝たきりになった母に必要なものはパジャマです。

母は足が変形したまま固まってしまったので股に枕を挟んでいます。
それにおむつですからズボンにはマチが入っていないと穿けません。

介護用の店に行っても簡単に見つかりません。
介護用の店ではマジックなどがついていて自分で
着脱できることに重きが置かれています。(リハビリ用)
しかし母の場合は自分で出来ないのでそこはボタンでよいですが
ズボンのマチはどうしても必要です。

また本人がトイレにいけた頃はよく汚しましたが今はほとんど汚しません。

マチがあるものは捜しても値段が一万円近いです。今日は安ウリで5900円
のものがあったので2枚と1枚はよいものを買いました。

また車椅子の方は年齢的にも障害の程度にもばらつきがありますが
介護者が便利な洋服と言うよりかっこよいものを好まれる方が多いのではないかと思います。
母が車椅子の頃はパジャマの上に羽織るカーディガンなどおしゃれなものを喜びました。
若者向けの明るいものが元気に見え車椅子を押すものも嬉しかったです。
介護用品は色彩が大切。コップ、スプーン、エプロン、おしゃれなものを用意すると、
一番よろこんでくださるのは、本人ではなく、介護にあたる職員のかたでした。
みなさんが、いそいそと母の世話をしてくださいました。
職員のかたが若いので、コップ、スプーンは、若いひとの集まる店でかいます。
今日は介護の方に『私は61歳ですがもしここに来るようになったら童謡だけでなく
プレスリーとかポールアンカもお願いします。』といってみた。
よく耳が聞こえない母達へのBGMも必要だけれど介護さんたちはよく聞こえるのだから
ポールアンカのバラードをかけて心豊かに夕食の介助をお願いしたい。
どうだろうか
                                   by ぴょんすけ

|

« 何か違う | Main | 被災地支援 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/1849101

Listed below are links to weblogs that reference パジャマとBGM:

« 何か違う | Main | 被災地支援 »