« October 2004 | Main | December 2004 »

November 23, 2004

夢の中に君がいる

昔、越路吹雪さんが歌って大好きだった曲。
アダモのものもいいけれど、岩谷時子さんの訳詞がとてもいい。
このタイトルを聞くと、その頃の自分と部屋の佇まいまで瞬時に甦る。
歌の力は偉大だ。

少し前にTVでクミコさんのサン・トワ・マミーを聞いた。
やさしくて、なにげなくて、越路さんとは全く違う唄になっている。
越路さんの唄は誰が歌っても越路さんになってしまうのに
凄いじゃないの。
早速 「イカルスの星-越路吹雪を歌う...
というアルバムを買ってきた。
収録曲に「夢の中に君がいる」もある。
期待して聞いたらこれは想いとは違っていて、がっかりした。

しかしこの曲以外は毎晩聴きたいほどの魔力がある。
夜中に心淋しい時、そして人恋しい時に聞きたくなる。

ちょっとおたずねします
家に帰るのが怖い
イカロスの星
忘れたいの
愛の追憶
アプレ・トワ
ジジ・ラモローゾ

越路さんが大人の女性として輝いているその姿を見上げていたのに、
何時の間にか時が過ぎて、
越路さんの曲の詞が心に沁みる年齢になった。

過ぎてしまった時間が懐かしくて、せつなくて、
思い出させてくれるこのCDはうれしい。

その後、越路さんの唄を深夜便で聞いた。
ドラマチックな唄い方が私の記憶と微妙にずれる。
私が変ったのだと思うけれど、なんともいえない気持ちになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2004

新しい手帳

来年の手帳を買った。
もう10年以上能率手帳の同じものを使っている。
だからアドレス帖は差し替えるだけでいい。

仕事の予定や進捗状況を書き込むビジネスダイアリーを買って、
伊東屋の1枚物のカレンダーを大、中、小と1枚づつ、
スケジュール・カレンダーを買うと、これで新しい年を迎える用意が整う。

なんて1年が速いのだろう。何にもしないでも月日が流れ、
どんどん無気力になっていく。

手帳を買う時に、ふと「いるかしら」って思った。
これはまずい!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2004

スマートリラックスハイネックT(長袖)

私と一緒にユニクロのスマートリラックスハイネックT(長袖)を買った友達から電話があった。
「着ていて楽だし、丈が長くて、スリットがあるのがいい」
そうね、着ていて楽なのは確かだわ。
私にはNGの着丈が彼女にはお気に入りの様子。
私は鍛えたボディの持ち主ではないけれど
もうちょっとフィットしていた方が良いかと思うのだけれど。

こんな時友人の話を思い出す。
彼女がぴったりのパンツをはいた時見ていた娘が思わず言った。
「ママ! それじゃギョーザだよ!!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2004

なんて呼べばいいの?

友人(男性)が怒っているので聞くと、
彼の母親(92歳)のところに来ているヘルパーさんが、
母親のことを名前で呼ぶのはけしからんという。

例えば「磯野さざえ」という名前だとすると、
「さざえさん、今日はお部屋を掃除しますね」
などと馴れ馴れしく呼ぶのは失礼なので、
事業所に苦情の電話をしたというのだ。

以前名前があるのに「おじいさん」「おばあさん」とよぶのは
失礼だと言うので、お名前で呼ぶようになったと思うのだが
毎週来るヘルパーさんが親しみをこめて呼ぶのが
不愉快といわれてはどうしたら良いのか。

どう呼べばいいのか聞いたら
「フルネームか苗字に決まっている。
どういうつもりで名前を呼ぶのか全く非常識だ」

なんだかとっても難しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2004

被災地支援

今回の新潟県中越地震は自然の恐ろしさと
言うにいえない哀しさを感じた。
美しい山峡の集落が、地震で崩され、せき止められた川の水で出来た
天然ダムの底に沈んでいくのが、刻々伝えられる残酷さと
いつまでも続く余震に、命がけずられる人々。

十日町は何回か訪れた場所なのに、あまりに昔なので
泊まった宿の名前しか固有名詞が思い出せない。
風景や有ったことは鮮明なのに、何と言うことだろう。

地震の後に、
取り急ぎ、転送させていただきます。(転送自由)
で始まるメールにこんな個所があった。
足りない物資を列記した後に、
「これらの商品を販売している企業の「お客様相談室」宛てにメールを送った
り、電話をかけたりして、被災者が求めているもの情報を、伝えてください。
あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。
皆さんの声が企業や行政を動かします。」とある。

友人の娘さんは、これらの商品を販売している企業に勤めている。
もう支援物資を出しているのに、
「お客様相談室」には電話が次々かかってきて、
なかには叱責する人もあるという。

それを聞いていただけに、複雑な気持ちになったし
よく考えて行動しないと自己満足にしかならないと
自戒した出来事だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2004

パジャマとBGM

寝たきりになった母に必要なものはパジャマです。

母は足が変形したまま固まってしまったので股に枕を挟んでいます。
それにおむつですからズボンにはマチが入っていないと穿けません。

介護用の店に行っても簡単に見つかりません。
介護用の店ではマジックなどがついていて自分で
着脱できることに重きが置かれています。(リハビリ用)
しかし母の場合は自分で出来ないのでそこはボタンでよいですが
ズボンのマチはどうしても必要です。

また本人がトイレにいけた頃はよく汚しましたが今はほとんど汚しません。

マチがあるものは捜しても値段が一万円近いです。今日は安ウリで5900円
のものがあったので2枚と1枚はよいものを買いました。

また車椅子の方は年齢的にも障害の程度にもばらつきがありますが
介護者が便利な洋服と言うよりかっこよいものを好まれる方が多いのではないかと思います。
母が車椅子の頃はパジャマの上に羽織るカーディガンなどおしゃれなものを喜びました。
若者向けの明るいものが元気に見え車椅子を押すものも嬉しかったです。
介護用品は色彩が大切。コップ、スプーン、エプロン、おしゃれなものを用意すると、
一番よろこんでくださるのは、本人ではなく、介護にあたる職員のかたでした。
みなさんが、いそいそと母の世話をしてくださいました。
職員のかたが若いので、コップ、スプーンは、若いひとの集まる店でかいます。
今日は介護の方に『私は61歳ですがもしここに来るようになったら童謡だけでなく
プレスリーとかポールアンカもお願いします。』といってみた。
よく耳が聞こえない母達へのBGMも必要だけれど介護さんたちはよく聞こえるのだから
ポールアンカのバラードをかけて心豊かに夕食の介助をお願いしたい。
どうだろうか
                                   by ぴょんすけ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何か違う

ユニクロに頼んだスマートリラックスハイネックT(長袖)が届いた。
早速着てみると、肩幅も身幅もちょうどいい。
着丈は私には長いため若々しくない。
サイズはあっていても全然うれしくもないし何となくつまらない。
シルエットがいやだ。

スマートリラックスストレートパンツも購入したのだが、
これも、もうひとつ違う。
サイズは合っていると思うけれど、ウエストでもヒップでもぴたっとこない。
パンツって着た時にビシッと決まらないと間が抜けてどうもいけない。

上下着た場合のシルエットは オ・バ・サ・ン。
今まで着ていたユニクロの方が若々しい。
ここでスマートリラックス・シリーズに移行するとそのままおばさんファッションに
なってしまいそうだ。
見苦しくない程度に若くお洒落に決めたい・・・これがエイジング・ギャップかな?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2004 | Main | December 2004 »