« 例の下着 | Main | ワーキングマザースタイル »

October 13, 2004

前頭側頭型痴呆ってなに?

15日から国際アルツハイマー病協会の国際会議があり
クリスティ-ン・ブライデンさんも夫と来日して講演するという。
彼女はアルツハイマー病の患者当事者であり、初めてこの病気の患者としての
思いを発表した人という認識でいた。
しかし今回新聞紙上に98年に前頭側頭型痴呆とも診断されたとある。
痴呆の一種であることには変らないらしいが、アルツハイマーではないということになる。
前頭側頭型痴呆が何かわからないので調べたらとても良いHPが見つかった。
「ひとりひとりがその人らしく」
滋賀県立成人病センターのHPの1部だけれどとてもわかりやすい。

私の母も物忘れ外来で色々な検査の末、アルツハイマー病と診断されたが、
最近母を看て頂いているドクターには
「お母さん、頑張るよねー。本当にアルツハイマーだったのかね」と言われ
面食らったことがある。

結局、何何型痴呆と診断名をつけても赤が青に変るような試験紙があるわけではなく、
沢山の検査結果と家族からの申し立てを聞いて、病名を決めていると思う。
何が原因でおこる病気かもわからないのだから診断は難しいのだろうが、
なんとなく釈然としない。 (mitsuの記録)

|

« 例の下着 | Main | ワーキングマザースタイル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36128/1671902

Listed below are links to weblogs that reference 前頭側頭型痴呆ってなに?:

« 例の下着 | Main | ワーキングマザースタイル »