« September 2004 | Main | November 2004 »

October 21, 2004

ユニクロ

先日、ユニクロの柳井さんが、お客様やスタッフの年齢層を考えて
社長の座を譲ったという事を、TVで話していらっしゃった。
55歳(柳井さん)の御自分に必要な服作りを考えて欲しいなと思っていたら
ユニクロのサイトに
「ゆったりシルエット・スマートリラックス」という長袖シャツを見つけた。
普通のハイネックシャツ(クルーネックもある)より
身幅 2.5cm、身丈 3cmそれぞれ大きく、袖丈は1cm短くて、
色目も大人の色揃え。
パンツもメンズ、ウーマン、共大きいサイズが出来ていた。

ここのところ、Mサイズの長袖シャツを買うと、
身幅ぴったり、袖は細く長く、若向けにシフトした事をうらめしく思っていたが
安心して買えるサイズが出てきたということかしら。

とりあえず1枚買って試してみたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

パンジー& ビオラ

ご近所3軒一緒に花苗はじめ必要な資材などをネットで買っている。
「勝手に共同購入・ガーデニング版」で
花苗はかなり荷物になる上、持ち方にも気を使う。
年配の方や体力の無い私は買い物のついでに買う事ができない。

その点、ネットだとそういう心配がないので、秋はパンジー、ビオラ
春はミリオンベルやドレスアップとシーズン毎のお楽しみになっている。
数がまとまれば、送料が無料になったりお安くなったり何かと便利だ。
今の時期はパンジー&ビオラで、
あっという間に売り切れる品種もあるので写真をプリントアウトして
数を確認し、発売日を待つ。
今夜ゲットしたのはタキイ種苗ビオラ苗 「F1ビビ」

お花は裏切らないし、口答えもしないし、
朝いちで見る彼等は元気をくれるから私たちは大好き!!なんです。

お世話になっている園芸店
大きいポットに入った苗がある
GARDENさかもとさん
今年初めてお願いした
かしま園さん
多種類、低価格の苗がある(セリのある月、木の更新はすごい)
レインフォレストさん
ずっとお願いしている
悠彩堂さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2004

ワーキングマザースタイル

こういう名前のblogサイトが出来た。
村山らむねさんはじめ、魅力たっぷりの楽しいサイトだけれど、
何かひっかかる。
ワーキングマザーという言葉をとってみても、
世の中に働いていない人(小さい子どもを除いて)はいないと思うし
妊娠してからずっと普通のお母さんは24時間勤務の職業人だと思う。

で、このワーキングマザースタイル。
執筆者のプロフィールを読むと、当然の事ながら
報酬を得る仕事をワーキングと称しているのが気にかかる。
自分の親、祖母、曾祖母、辿っていけばよくわかる通り
皆働いて子供を育ててきた。
家事、雑事は無償の仕事だから、そういう人は執筆者にはいない。
私の時代には取り立てて、ワーキングマザーなんて言わないで
かなり厳しい状況の中、みんな自然に働いていた。
だからどうした、といわれれば何ともいえないけれど。

情報を共有するのは大賛成だからご紹介します。
ワーキングマザースタイル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2004

前頭側頭型痴呆ってなに?

15日から国際アルツハイマー病協会の国際会議があり
クリスティ-ン・ブライデンさんも夫と来日して講演するという。
彼女はアルツハイマー病の患者当事者であり、初めてこの病気の患者としての
思いを発表した人という認識でいた。
しかし今回新聞紙上に98年に前頭側頭型痴呆とも診断されたとある。
痴呆の一種であることには変らないらしいが、アルツハイマーではないということになる。
前頭側頭型痴呆が何かわからないので調べたらとても良いHPが見つかった。
「ひとりひとりがその人らしく」
滋賀県立成人病センターのHPの1部だけれどとてもわかりやすい。

私の母も物忘れ外来で色々な検査の末、アルツハイマー病と診断されたが、
最近母を看て頂いているドクターには
「お母さん、頑張るよねー。本当にアルツハイマーだったのかね」と言われ
面食らったことがある。

結局、何何型痴呆と診断名をつけても赤が青に変るような試験紙があるわけではなく、
沢山の検査結果と家族からの申し立てを聞いて、病名を決めていると思う。
何が原因でおこる病気かもわからないのだから診断は難しいのだろうが、
なんとなく釈然としない。 (mitsuの記録)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

例の下着

以前、申年申月申日で書いた赤い下着。
今日実物が干されているのを発見した。

朝から溜まりにたまった洗濯物をいっぱい干していたら、
予報のとおりに一時太陽がのぞいた空があっという間に曇って
大粒の雨が落ちてきた。

ベランダを駆けずり回ってすべて取り込んだが、道を隔てたお隣の庭に
山のような洗濯物がでてる。
電話をしても出ない。インターホンを押しても出ない。お留守のようだ。

失礼かなと思ったが、母と同い年で足の悪いオバサマの洗濯物を
濡らしてしまうのは忍びないと思って、取り込みにいった。
大きなゴミ袋にハンガーや物干し器ごと入れていき(3袋分もあった)
さほど濡らさずに全部収納できてほっとしたが、
袋ごしにチラリと赤いレースが見えた。

申の日の言い伝えをプリントアウトしてさし上げたけれど
きっとそのプリントを見たお嬢さんからのプレゼントだろうと勝手に
想像して、何だかにっこりしてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2004

タルボット

母と一緒にお買い物をするお店で1番便利なのはタルボット
サイズが豊富(5号~15号)でお値段も手頃で気に入っている。
フルサイズというのがポイントが高い理由だけれど
極々普通に着られる服が綺麗な(上品な)色展開で揃っている。

販売の人も商品をキチンと説明し、提案してくれる。
母が好きな綺麗なプリントや刺繍のカットソーも
アメリカンサイズのLまであるので悲しい思いをさせずに済むし、
クラシックなテイストなので、持っているものにも合わせ易い。

黄緑色に花柄とかグレイがかった紺にフォークロア調の刺繍のある
七分袖ニットとか、ご年配向けの売り場にないものがここにはあり、
フルサイズなので着る事ができる。
HPが見にくいので良さがわからないと思うけれど、
日本ではイオングループに入っているので、店舗数も多いし
お勧めです。

残念なのは折角フルサイズ展開とか、広い年齢層の方へと
うたっているのにもかかわらず、
カタログやDMの写真は若いモデルの写真ばかり。
同じジャケットを20代のモデルと70代のモデルが
違うコーディネートで着ている写真なんかいいと思うけれど
そんな冒険はしない。
若いお客さんが減るかもしれないしね。

ユニクロの以前のカタログは白髪の方もフリースを着て
載っていてとても好感が持てたけれど、今はどうかしら?
人の受け取り方は色々だから、難しいのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2004

エイジング・ギャップ~変わりゆく年齢感覚~

今日の朝日新聞の経済面に「「自分はまだ若い」男性65%、女性73% 」
という記事があった。元は博報堂の調査で、

実年齢と精神年齢。本人がその年になった時の実感と、その年齢に対する世間的イメージ。近年、このギャップが大きくなってきている。今回はこの「年齢イメージ」と「実態」についての調査を行った。一つ例を挙げると、10代後半~20代では、「実年齢より+2.5歳、自分の精神年齢は高い」と答えている。50代~70代は、「実年齢より-11.1歳、自分の精神年齢は低い」と答えている。《398号》・・・博報堂生活総研より

とある。
そうなんだ。自分が40代と考えてみると、すべてに合点がいく。
自分の頭の中ではまだ颯爽とした40代、しかし体力は年齢のとおりだし、
容姿は・・・冴えない・・実年齢よりちょっと若いかな?

これが着るものを選ぶ時大きな障害になる。
50代の人が50代と見えるモデルさんの着ている服を選ぶだろうか。
意識しなくても、ずっと若い服を選ぶ。
後で袖丈やぴったりし過ぎる身ごろに悩むことがわかっていてもそうすると思う。
以前40代の友達が言っていた。
「40代は30代向けの雑誌を読むのよ、50代は40代の雑誌を読むんじゃない?」
編集者達は読者の心理はお見通しで誌面を作っているのだろうが、
アパレルメーカーも若い雰囲気だけれど、サイズは中高年という服を
もっともっと提案してくれてもいいと思う。
欲しいのは普段着、街着だから、なるべくお手軽価格で揃えて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2004

機能低下

最近、どっと年をとったように思う。
気力、体力の衰えは目を覆うばかり。
何かやっていても、「後で、」とすぐ中断してしまい、その事を忘れる。
母の介護をしていても、
「まずいぞ、ひょっとして追い越してしまうかも」と思うくらい
能力の低下が激しい。

母の家に通うようになった時、同じメモをいくつも見つけた。
通院日の手順が書いてある。
病院は予約制なので、
先ず、その時間に行くには何時に起きて、
顔を洗って食事をして、何と何を持ってと
事細かに書いてある。

でも母はそのとおりにすることが出来なかった。
私が看護婦さんや医者に言われたのは、予約した日に来ない。
違う時間にきてこの時間だと言い張る等等。
間違うばかりか自分が正しいと頑張るので、最悪だった。

しかし、病院に行く前の晩、メモを書いて、
バッグに持って行く物を入れ、着る服を椅子に掛け、
そうまでしても忘れてしまうのが切ない。

私がもっと若かったら、
駄目じゃないといったかもしれないけれど
どうしてそうなってしまうのか、
実感で分かるからなお悲しい。 (mitsuの記録)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »